日本人絵師のリプニツカヤ「イラスト」が続々 ロシアのSNSサイトでも紹介、盛り上がる

印刷

   ソチ五輪で活躍したフィギュアスケート期待の新星、ユリア・リプニツカヤさん(15)が日本のインターネット上で人気を集めている。

   スケーティングの実力だけでなく、可愛らしい容姿、そして数々の物怖じしない言動がネットユーザーの心を掴み、「兄貴」「リプ子」などと称されるようになった。リプニツカヤさんを二次元化した作品も多数投稿され、盛り上がっている。

「良い練習ができました。メディアが邪魔でしたけど」発言で注目

日本人作家のイラストがリプニツカヤさんのフォトアルバムに(画像はvk.com内のスクリーンショット)
日本人作家のイラストがリプニツカヤさんのフォトアルバムに(画像はvk.com内のスクリーンショット)

   ソチ五輪フィギュアスケート団体では、地元ロシアが金メダルを獲得した。リプニツカヤさんは女子シングルのショートとフリーに出場し、これに大きく貢献した。158cmと小柄ながら柔軟性を生かして、スピード感と躍動感に満ちた演技を披露、得意の「キャンドルスピン」で世界を魅了した。個人戦では思うような結果が残せず5位にとどまったものの、五輪を通してのインパクトは相当なもので「ソチの顔」とも報じられた。

   しかし、日本のネット上で大注目を集めたのは、別の理由が影響している。きっかけは報道番組「news every.」(日本テレビ系)などで報じられたインタビューの一コマだ。ショートプログラムを夜に控えたリプニツカヤさんは「モスクワでの練習はどうでした?」と質問されると、鋭い目つきで「良い練習ができました。メディアが邪魔でしたけど」と冷ややかなコメントを返したのだ。

   その後も、韓国MBC放送局のインタビューで「一度もフィギュアに興味を持ったことはない。時間ができたら映画を観賞する」「キム・ヨナ選手の演技を直接見たことがない。最近出場した大会もすべてB級」との発言があったとも報じられ、その勝ち気な性格から「リプニツカヤ兄貴かっこいい」「たまらん…!」と着々とファンが増えた。加えて、浅田真央選手(23)や羽生結弦選手(19)といった日本人選手を尊敬していることや、愛犬にキューバの革命家チェ・ゲバラと同じ名前をつけていることも話題となり、人気に火をつける要因となった。

「ロシアデビューしてしまった…おそろしあ・・・」

   リプニツカヤさんは絵師たちの格好の題材となった。イラストSNS「pixiv」には、リプニツカヤさんを描いた作品が80点近く投稿され、人気の画像はツイッターや2ちゃんねる、「NAVERまとめ」でも取り上げられ、盛り上がりをみせている。中には本人の目にとまったものもある。

   ロシアのSNSサイト「VK.com」にはニプニツカヤさんの認証済みアカウントがあり、フォトアルバムページでは日本人作のイラストが紹介されている。作者も驚きを隠せない様子で、ツイッターで「血の気が引いてる・・・何か失礼なことしてないか怖すぎる・・・・」「ロシアデビューしてしまった…おそろしあ・・・」などと心境を綴っている。

   他にも、ソチ五輪の情報をツイートしているロシア語アカウントが「日本のファンがユリアを描きました!」として別のイラストを紹介するなど、国境を越えて日本発の「リプ子」イラストが拡散しているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中