「アンネの日記」破損被害 警視庁が捜査本部設置

印刷

   東京都内の公立図書館で「アンネの日記」や関連図書のページが破られているのが相次いで見つかった問題で、警視庁は2014年2月24日、器物損壊などの疑いで杉並署に捜査本部を設置した。

   各報道によると、被害に遭ったのは新宿、練馬などの5区と、武蔵野など3市にある計38の図書館で、同日までに305冊の被害を確認したという。捜査1課は同一犯の可能性があるとみて、防犯カメラの映像解析や指紋などから捜査を進める。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中