「R-1」審査基準めぐり議論 「視聴者投票なんかやめちまえよ」の声も

印刷

   ピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2014」が2014年3月4日に行われ、やまもとまさみさん(40)が優勝した。

   今回のやまもとさんの優勝に異議を唱える人は少ないが、視聴者から好評だったスギちゃんが落選するなど、審査基準に不満を漏らす人もいて議論になっている。

視聴者と審査員で好きなネタがかい離

   「R-1ぐらんぷり」は2002年から始まった吉本興業主催のコンテストで、12回目の開催となった今回は過去最高の3715人がエントリーした。「アルバイトの留学生に変な日本語を教えるな」と、飲食店の店長が訴えるコントでやまもとさんは優勝した。最終決戦では審査員の桂文枝さんや板尾創路さん、関根勤さんら審査員全員と、テレビリモコンによる視聴者からの票も得て圧勝だった。これについてネットで異議は少ない。

   ただし、最終決戦までの過程について不満の声が出ている。放送作家の吉村智樹さんはツイッターで、

「予選審査員の放送作家が好きなネタ、本選審査をする芸人さんが好きなネタ、視聴者が好きなネタ、ぜんぶが乖離しまくってすごいことになってるなR-1」

   と書き込んだ。

   たとえば最終決戦前のトーナメントで、審査員とお茶の間で評価が真っ二つになった。スティーブ・ジョブズのモノマネをしたレイザーラモンRGについて、芸人らで構成される審査員は高く評価して計11ポイントを与えたが、視聴者からのポイントは0だった。一方で、スギちゃんは視聴者から多くのポイントを得たが、審査員からはまったく票が入らなかった。

   ネットでは一般視聴者から、

「R-1の初めの4組、スギちゃんは超面白くて他の3組はクスリともしなかった。視聴者投票でもスギちゃんがダントツ。なのに、審査員投票だとスギちゃんには1票も入らず。 こんなんじゃあ、視聴者投票なんかやめちまえよ」
「視聴者投票では全く票が入らなかったレイザーラモンRGに負けて、(スギちゃんが)予選落ちした。こういうふうに視聴者の意見を全く聞かないのだから、そら、視聴率も落ちるわ」

   という意見が出ている。

予選についても審査基準に異議

   また、予選についても審査基準に異議を唱える声がある。2月11日の3回戦で敗退したお笑いタレントのガリガリガリクソンは、「あのウケで何で落ちんねん!R-1なんか2度と出るかヴォケ!!!あのデブの審査員!!!」「お客さんの満足度が1番ちゃうんか!」と、会場客の反応と審査員評価にズレを感じて怒りを爆発させた。同じく予選に出場した、りあるキッズゆうきも「ガリガリガリクソンの敗退には納得はいきません。あれだけうけても 落ちるの?」と疑問を呈している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中