キムタクの「安倍首相と生電話」、無愛想すぎる 「自分を大きく見せようとしてるのか…」とふかわりょうが批判

印刷

   フジテレビ系の長寿番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」の終了が迫っている。名物コーナー「テレフォンショッキング」には最後の大盤振る舞いとばかりに豪華なゲストが登場していて、2014年3月21日は安倍晋三首相、そして24日にはSMAPの木村拓哉さんが出演した。

   安倍首相が次回ゲストの木村さんと電話で会話するという豪華共演もあったが、その電話について、お笑いタレントのふかわりょうさん(39)がラジオ番組で物申している。

昭恵夫人が大ファンと聞き「はーい、ありがとうございます」

安倍首相との生電話が話題になった木村さん(画像はイメージ)
安倍首相との生電話が話題になった木村さん(画像はイメージ)

   安倍首相が登場したテレフォンショッキングでは、終盤の次回ゲスト紹介で木村さんと電話がつながった。

   2005年にフジテレビ系「SMAP×SMAP」のコーナー「BISTRO SMAP」にゲスト出演したことがある縁で、タモリさんが電話を安倍首相に渡し、首相と木村さんの「生電話」が実現した。

   首相が「あ、もしもし、あのー、安倍晋三ですけども」とぎこちなく自己紹介すると、木村さんは笑いまじりに「もしもし、木村拓哉です」と返した。

   首相が出演したBISTRO~では木村さんが作った蕎麦を気に入り、木村さんチームを勝利させた、という思い出話をすると、木村さんは「あん時はお世話になりました。今度また是非、首相としてもお願いします」「ありがとうございます、また是非」と社交辞令的な返答をしていた。

   安倍首相の妻・昭恵さんが木村さんの大ファンと聞くと、「はーい、ありがとうございます」と礼を言って2人の会話は終わった。

   その後タモリさんと「来週の月曜日大丈夫?」「大丈夫ですよー」「お待ちしてます」「はーい。お願いしまーす」と、定型のやり取りをして電話は終わったが、テレフォンショッキング恒例の「いいともー!」は聞かれなかった。電話越しに聞く限り、木村さんは少しテンションが低めだったようにも思えた。

   2人の「生電話」は、ネット上で「シュールwww」「首相とキムタクが電話会談w」などと面白がられていたが、「キムタクって電話口で無愛想だったな」「安倍総理と電話で話すキムタクがぶっきらぼうなんだけど機嫌悪いの?w」「キムタクの態度わるいなーと思ったのは自分だけかな?」と、木村さんの態度を不快がる声も上がっていた。

「ふかわに同意」「目上の人に対する態度じゃなかった」

   14年3月23日放送のラジオ番組「ROCKETMAN SHOW」(J-WAVE系)で、ナビゲーターのふかわさんもこの件に触れた。

   安倍首相が出演したことについて、民主党の大畠章宏幹事長が「バラエティー番組に出ている状況か」などと批判したほか、世間でも「立場わきまえろ」「人気取りのつもりか」という声が一部で上がっていたが、これについては「あまり僕は嫌な印象を抱かなかった。何でも批判すりゃいいっていうものでもない」とした上で、こう続けた。

「強いて僕がこの日に引っかかったのは、あの方の、電話の、応対。まあひっくるめて可愛いと思えばいいのかもしれないけど、あなた残り数日で呼ばれてその応対はないんじゃないのと僕は感じました。この次の方です。残り数日でね、まあまあどういう経緯があるのかわからないですけども、電話の向こうに首相とタモリさんがいての、まあ実際どういう状況で電話に出たのかわからないですよ。自分を大きく見せようとしてるのか、もうほんとナチュラルなテンションなのかわからないですけど、僕は少し残念な気持ちになってしまったんですね~」

   名指しこそしていないが、「電話の向こうに首相とタモリさんがいて」という言葉から、木村さんのことを言っているのがわかる。

   ラジオのリスナーはネット上で「ふかわに同意」「目上の人に対する態度じゃなかった」などと書き込み、ふかわさんの「キムタク批判」に同調する人が多いようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中