向井理、テレビ版「永遠の0」ハマり役? 過去に何度も「靖国」に言及、「なぜ問題か理解しなければ…」

印刷

   百田尚樹さんの小説「永遠の0(ゼロ)」が、向井理さん(32)主演でドラマ化されることになった。一般的には、さわやかなイメージで知られる向井さんだけに、「ミスキャストでは?」と心配する声もあるが、向井さん自身は「戦争」には強い関心があるようだ。

   2007年から10年にかけて、度々ブログで「靖国問題」に触れていて、それらの記述が数年越しに注目されている。

「国の責任者が参拝するのは当然の義務」

記事タイトルは「幸せ」(10年8月15日のブログ)
記事タイトルは「幸せ」(10年8月15日のブログ)

   テレビ東京は2014年6月4日、2015年に開局50周年の記念特番として、ドラマ「永遠の0」を3夜連続で放送すると発表した。百田さんが映画版と比較して「限りなく原作に近づいたもの」と太鼓判を押す内容で、向井さんは主人公の零戦(零式艦上戦闘機)パイロット・宮部久蔵を演じるため、頭を「丸刈り」にして撮影に挑むという。

   向井さんは10年放送のドラマ「ゲゲゲの女房」(NHK)で漫画家・水木しげるさん役を演じて大ブレイクした。その後も甘いマスクや清涼感のある役を多く演じているため、ツイッター上では、

「イメージ違うかも。ドラマは見ない」
「向井理が悪い訳じゃないんだけど、イメージがね」
「主人公の宮部さんは、向井理のイメージじゃないんだよ‥映画がとても良かったからドラマ化はやめて欲しかったわ」

などと疑問や批判の声が多い。

   しかし向井さんは以前、戦争について度々ブログで語っていた。ポツダム宣言受諾から丸65年となる10年8月15日には、

「決して終戦『記念日』ではありません。戦争に関わった人全てに於いて、まだ戦争は終わっていないからです。しかも北の地では65年前の今日以降もソ連と戦っていましたから」

と、「終戦記念日」の呼称に違和感を示している。

   向井さんはその前日の14日に放送された終戦記念ドラマ「歸國(帰国)」(TBS系)に出演していた。倉本聰さん脚本で、向井さん、ビートたけしさん、長渕剛さん、小栗旬さんら演じる「英霊」たちが「昭和85年(2010年)」の東京駅に降り立ち、祖国の現在を調べていく作品だ。撮影前に靖国神社を参拝した向井さんは、「国の責任者が参拝するのは当然の義務なんじゃないのか」という劇中のセリフを引きながら、

「今日本はいろいろな問題を抱えていて、その一つに靖国神社に関することも含まれています。でも、じゃあ何故それが問題なのか?それを理解しなければ何も進まないと思います」

などと靖国問題に言及。8月15日が来るたび、戦時中の人々と比べて「ちゃんと生きて、生活できている」ことに幸せを感じるといい、

「当時を考えると今の自分は不平不満を言えるほど頑張っているのか疑問」
「必死になって日本の行く末を案じながら散っていった人達のことを考えると感謝の気持ちで一杯」
「さらにあの戦況下で無条件降伏まで持っていったのは凄いこと」

などと戦時下の日本兵を評価しながら、「一年に一回でも深く考えてみても良いんじゃないでしょうかね」と呼びかけている。

参拝を明かすも「個人の自由ですからね!」

   向井さんはブレイク前の07年5月にも、ブログで靖国神社について語っている。特攻隊をテーマにした映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」(脚本・製作総指揮は石原慎太郎氏)に出演した際、「かなりデリケートな問題」で「あくまで個人的な意見」だと前置きしながら触れていた。

   「靖国神社についてその生い立ちや存在意義を理解している日本人はどれくらいいるのでしょう?」と問いかけながら、自身も映画に関わってから調べ始めたと明かす。「当時の靖国神社とは一般人や軍人にとってどういう存在だったのか?そして現在は何故海外、特に中国や韓国から公人参拝が批判されるのか?」などと論点をあげ、読者に「このことを知ると靖国神社についての認識が変わるんじゃないでしょうか?」と説いている。

   戦争の当事者ではない向井さんからすると「想像でしかありません」というが、映画をきっかけに「どんな意見でもいい」から、メディアや周囲に左右されない「自分の意見」を持つことが重要だと語る。映画のクランクイン前と終戦記念日の数日後に靖国神社を参拝したが、

「それは社会的思想の問題ではないし特に誰にも言っていません。ただ戦争で亡くなった英霊に対する哀悼の気持ちと今後ここに祀られる人があってはならないという気持ちからです。だからといってみんなに参拝して欲しいとかは思いません。個人の自由ですからね!」

と、あくまで各人が「自分の意見」で決めるよう念を押している。また別の日には「役作り」のためにインターネットで特攻隊の写真や遺書を調べたが、「きっと遺書を読んでしまうと残された人の感情になってしまいますから」と気持ちを切り替え、「当時の日本」について調べることにしたと語っている。

   以前から向井さんの靖国参拝を知っていたツイッターユーザーは、

「靖国神社参拝経験のある向井氏だけにより注目したい」
「向井り(編注:『理』の音読み)は靖国参拝したもんなぁ」
「向井さんは総理の靖国参拝は当たり前じゃ?と言ってたから 主演で嬉しい」
「向井理も靖国神社参拝するくらいだから役に対する思い入れはあるだろう」

などと、「永遠の0」主演を好意的に見ているようだ。なお向井さんは、冒頭にあげた10年の終戦記念日を最後に、ブログで靖国問題について触れていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中