危険ドラッグ、客に誓約書「和歌山方式」が効果 県内からショップ撤退、兵庫県も導入へ

印刷

   危険ドラッグについて、和歌山県が購入客に誓約書を書かせる制度を採り入れたところ、県内からショップが撤退していたことが分かった。この制度は兵庫県も導入予定で、今後は、他の都道府県などにも広がりそうだ。

「こりゃ撤退するわな。上手いアイディアだ」「こんな手があったとは――!」

   和歌山県の制度が効果を上げていることが報じられると、ネット上では、こんな賞賛の声が上がった。

購入客に誓約書を書かせる手法で効果

県のホームページでも公開
県のホームページでも公開

   この制度では、ネットの口コミ情報を参考にしながら、県が危険ドラッグの疑いがあるものをピックアップし、それを元に知事が監視製品を指定していく。数か月から半年はかかるとされる成分分析まで踏み込まないのが特徴だ。2013年4月に薬物濫用防止条例を施行して、制度を新設した。

   監視ドラッグを県内の店舗で売る業者は、販売業の届け出をし、購入者には、使用説明書を配るとともに、誓約書も書いてもらう。誓約書は、吸引や体内摂取をしないことを約束する内容だ。業者は、仕入れ記録も作成し、それは誓約書とともに3年間保存しなければならない。

   さらに、購入者は、県外の店舗やネットの通信販売で買った場合も、誓約書も兼ねた購入等届出書を保健所などに提出する義務がある。

   条例に違反すれば、業者や購入者は、県から警告を受け、従わなければ、それぞれ20万円以下、5万円以下の罰金を科される。

   県の薬務課によると、条例施行後の13年4月に、監視ドラッグを扱う業者が1店舗を開店させたが、県の指導もあって、14年3月末に業者は撤退した。その後は、従業員が店舗を引き継いだが、4月上旬には店を閉じた。それ以降は、現在まで監視ドラッグを売る店はないという。

   この成果について、担当者は「店舗側に違反はありませんでしたが、誓約書を書かせるなどの煩わしさが嫌われたこともあるのでは。制度を導入した効果はあったと思います」と話す。ネット上でも、「和歌山への発送不可」とする業者が現れたとしている。

健康被害や事件・事故が起きれば指導

   制度については、危険ドラッグが規制されては業者が化学構造の一部を変えて売り出すイタチゴッコが続いていたことから、和歌山県独自でも早く規制しようと薬務課の職員で考えた。

   危険ドラッグは、「お香」「ハーブ」「アロマ」などとして売り出されているが、購入者は目的外で使っている。購入者が吸引や体内摂取などをしなければ、健康被害や事件・事故も起きないとして、誓約書のアイデアが出てきたそうだ。

   知事監視製品は、2週間ほどで指定できるといい、これまでに、延べ159製品を監視ドラッグに指定した。現在では、75製品が監視対象になっている。県のホームページ上でも、これらは公開されている。

   もっとも、購入者が黙って吸引などをしていたり、県外やネットで購入したりした場合は、目が行き届きにくいのは事実だ。

   県の薬務課でも、その点は認識しているとしながらも、事後的に指導はできるとする。それは、健康被害や事件・事故が起きた、あるいは家族などから通報があったときだ。

   実際、県がこれまでに購入者に警告した4件は、このようなきっかけから条例違反が発覚していた。うち2件は、県内の店舗で監視ドラッグを買ったが、誓約書の内容を守っていなかった。残りの2件は、県外の店舗で買ったケースで、購入者は、誓約書も兼ねた購入等届出書を保健所などに出していなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中