石破氏、安保相辞退へ 首相と意見食い違い

印刷

   自民党の石破茂幹事長が9月の内閣改造・党役員人事で、安倍晋三首相から打診されていた新設の安全保障法制担当相への就任を辞退する意向を固めたことが2014年8月23日、分かった。メディア各社が報じた。

   報道によれば、安全保障政策に対する考え方の隔たりが大きいことが理由。国会で野党から閣内不一致だと追求されかねず、就任は困難との意向を周囲に示したという。首相は25日にも石破氏と会談し、幹事長交代と安保相就任を要請する方向だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中