「黒子のバスケ」最終ページがネット流出? 9月1日発売号で「連載終了」と大騒ぎ

印刷

   「週刊少年ジャンプ」で連載中の大ヒットマンガ「黒子のバスケ」が2014年9月1日発売予定号で終了するのでは、と大騒ぎになっている。「黒子のバスケ」の最終ページとも思われる写真がネットに流出、そこには連載終了のお知らせが書かれている、というのだ。

   ネットでは「あんな事件があったし無理もない」などとして連載終了を信じている人もいるが、今週のジャンプ最新号には何の告知も出ていない。本当に連載は終わってしまうのだろうか。

「ご愛読ありがとうございました!!藤巻先生の次回作にご期待ください!!」

   「黒子のバスケ」は藤巻忠俊さんの作品で、「週刊少年ジャンプ」(2009年2号)から連載が始まった。単行本はこれまで27巻、累計発行部数は2700万部を超える大ヒットを記録している。少年誌に掲載されているにもかかわらずボーイズラブ好きの「腐女子」と呼ばれる女性に大人気で、全国各地で開催される即売会などのイベントにはこうした女性が殺到することでも有名だ。また、12年10月から脅迫事件が起こり、イベントを中止させる目的で犯人は「喪服の死神」「怪人801面相」を名乗り、薬物を置いたり、脅迫文をイベント会場やメディアに送りつけたりする騒動が続いた。犯人は13年12月15日に東京で脅迫文をポストに入れる際に逮捕された。

   「黒子のバスケ」連載が終了するとネットで騒がれだしたのは14年8月27日頃から。その証拠として14年9月1日発売予定号の「黒子のバスケ」最終ページと思われる写真がネットで拡散した。そこにはこんな挨拶があった。

「ご愛読ありがとうございました!!藤巻先生の次回作にご期待ください!!」

   また、発売前に人気連載マンガの最新の内容を詳しく紹介するサイトの「ジャンプネタバレあらすじ」ページには「黒子のバスケ 第275話(最終回)」と書かれていて、藤巻さんの巻末コメント、

「全て出し切って終幕、悔いなしです。今まで本当に有難う御座いました。またね!」

も掲載されている。

   こうした情報にネットでは、

「腐女子が発狂!!!!」
「まぁあんなに負の騒動続いたらやめたくもなるわな」
「意外だな、連載終わったのか。最近のジャンプ漫画にしては素晴らしい引き際だな。 評価するわ」

などといった感想が出ている。

「少年ジャンプNEXT!!」に移籍して連載は続く?

   最新号では主人公の黒子テツヤが所属する誠凛高校バスケットボール部が全国大会で、黒子のパスをきっかけに逆転優勝に輝く。全国制覇目指したバスケットボールマンガだけに、目標達成で連載が終了するとしても何の違和感もない。一方で、現在発売中の号には次号で連載が終了するという告知は見当たらない。果たして大人気マンガが告知なしにいきなり終了するものなのだろうか。

   また、「黒子のバスケ」のテレビアニメ第三弾(三期)の放送が15年に予定されているほか新作ゲームのリリースも控えていて、メディアミックス展開からすると不自然だ。ネットに出た先の次号「黒子のバスケ」最終ページと思われる写真に、

「12月発売予定のジャンプNEXTでキセキが起きる!?詳細は続報を待て!!」

という部分があることに注目し、隔月刊漫画誌「少年ジャンプNEXT!!」に移籍して連載は続くはずだと考えている人もいる。実は「週刊少年ジャンプ」の大人気連載が一度終了して系列雑誌に移籍するのは珍しいことではない。スポーツマンガでは過去に「キャプテン翼」「テニスの王子様」などがあり、移籍後も人気の衰えを見せなかった。実際のところどうなるのかについて少年ジャンプ編集部に問い合わせてみたところ、

「こちらでは何の情報も出していませんし、単なる憶測で語られているだけだと思います」

ということだった。「黒子のバスケ」がどうなるかは今のところ不明だが、何かが起きているのは確かだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中