キックボクシングの練習で友人死なせる 

印刷

   キックボクシングの練習中に友人の男性を殴り死亡させたとして、大阪府警生野署は2014年9月20日、大阪市生野区の無職の容疑者(27)を傷害致死容疑で逮捕した。調べに対して、左ストレートが顔の正面に入ったなどと容疑を認めているという。

   容疑者は19日夜、自宅近くの公園で、同区、アルバイト従業員(20)とキックボクシングの練習中をおこない、顔を殴るなどして死亡させた疑い。頭部外傷による頭蓋内出血が死因とみられる。

   容疑者は過去にキックボクシングのジムに通っていた。2人は5月に知り合い、ダイエットなどを目的に練習していたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中