ソフトバンク、米映画制作大手と買収交渉か

印刷

   ソフトバンクが、米映画制作大手のドリームワークス・アニメーションSKG(DWA)との買収交渉を進めていると、ロイター通信など複数のメディアが2014年9月29日までに報じた。

   DWAは、1994年に映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏らが設立したドリームワークスSKGを母体に2004年、分社化したもの。「シュレック」などのヒット作を生み出している。

   ソフトバンクは2013年、米携帯電話3位のスプリントの買収を完了。さらに同4位のTモバイルUSの買収も試みたが、2014年8月に交渉の中断を決定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中