エボラ出血熱対策に自衛隊派遣を検討

印刷

   防衛省がエボラ出血熱の対策のため、自衛隊を連絡要員として派遣することを検討している。2014年10月19日、NHKなどが報じた。

   ドイツにあるアメリカ軍の「アフリカ軍司令部」に派遣し、感染拡大地域の情報収集などを行って、今後の支援策を検討する役割だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中