金属弾発射で共同、読売に犯行声明

印刷

   埼玉県川口市のビルの壁に2014年10月20日に金属弾が撃ち込まれた事件で、「革命軍」を名乗る犯行声明とみられる手紙が10月25日、複数の報道機関に届いた。犯行声明は少なくとも共同通信と読売新聞本社に届き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先の名護市辺野古沖でのボーリング調査に反対する内容が含まれていた。

   金属弾が撃ち込まれたビルには、ボーリング調査を担当する建設会社が入居している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中