「友だち」連呼、フェイスブックのテレビCM 「ぼっち」が「見てて辛い」と猛反発

印刷

   2014年10月中旬から放送されているフェイスブックのテレビCMが一部で反発をかっている。

   おしゃれな若者たちが集まって楽しげにしている映像と、ナレーションが「友だち」と連呼する内容に、「あまりにもリア充向け過ぎてつらい」というのだ。

「誰にも思い浮かべてもらえない人だっているんですよ」

話題のCMは公式ページで公開中
話題のCMは公式ページで公開中

   話題のCMはフェイスブック公式ページで60秒のフルバージョンが公開されている。おしゃれで今風の若者たちがカラオケに行って盛り上がったり、居酒屋で陽気にはしゃいだりする映像に、俳優の勝地涼さんがナレーションで「みんな誰かの友だち」「あなたの友だちを思い浮かべてみよう」「友だち、それはかけがえのない特別な人」「あなたは誰かの友だち」と、「友だち」のフレーズを何度も繰り返すというものだ。

   赤ちゃんを抱っこしたり、地元の駄菓子屋を久々に訪れたりする場面などもあって、家族や地域コミュニティーのつながりも強調している。さらに、「風邪ひいた~(>_<)」という女の子の書き込みに、「だいじょうぶ!?」「おかゆ作りにいこうか?」「あったかくしてねー」と友人からやさしいメッセージが次々に寄せられる。充実した人間関係に恵まれていることがひしひしと伝わってくる内容だ。

   まさに「リア充感たっぷり」で、友人の少ない、いわゆる「ぼっち」の人からは総スカンを食らってしまい、

「フェイスブックのCMがリア充すぎて見てて辛い」
「誰にも思い浮かべてもらえない人だっているんですよ」
「どう考えてもぼっちにケンカ売ってるとしか思えない」

など、ツイッターなどネット上には相次いで酷評が投稿された。

「こんばんは。Facebookでお友達を探してみませんか?」

   こうした批判の中、フェイスブックは第2弾CMを11月3日に投入。映像はほぼ同じで、今度は女優の多部未華子さんがナレーションを務めている。

   前作ほどの「友だち」連呼は抑えられているものの、「友だちはあなたを待っている」「あなたは誰かの友だち」といったフレーズが散りばめられている。

   CMへの批判はフェイスブック公式ページにも寄せられている。動画を紹介したページのコメント欄には「作ったヒトはこのCMを見て絶望感に苛まれる人がいるかもしれないとは考えもしなかったんだろうな」「1人も思い浮かばない人だっていますよ!このCMは、そう言う人を更に深い鬱に落とします!もう止めてください!」という書き込みが並んだ。

   こうしたコメントの1つに、公式アカウントが返信をしている。

「こんばんは。Facebookでお友達を探してみませんか?」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中