「セカオワ」非売品グッズ、1000万円以上でヤフオク入札 Fukase「そんな馬鹿な」「まじか」と驚く

印刷

   若者を中心に人気のロックバンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」の非売品グッズがインターネットオークションに出品され、一時1000万円を超える異常な値を付けた。

   現在は出品が停止されているが、通常では手に入らないグッズのため「マナー違反です。最悪です」「メンバーのこと裏切ってる」など、熱心なファンは激怒している。

手元に置いておけないライブ限定グッズ

9000円から出品され、1000万円を超える事態に
9000円から出品され、1000万円を超える事態に

   出品されたのは、ライブ会場だけで配布される「スターライトリング」と呼ばれるグッズ。腕時計のような形状で、赤や青など、アイドルのコンサート会場でおなじみのペンライトのように光る。

   入場時に配られ、帰る際に返却しなければならないため、一般ファンは手元に置いておくことはできない。ライブ中に限り、曲に合わせて手を振って楽しめるもので、ファンにとってはライブ会場での象徴的なグッズのようだ。

   スターライトリングと思われる商品が「ヤフオク!」に出品されたのは2014年11月7日の昼過ぎ。オークションは9000円からスタートし、あっという間に数十件の入札があり、10万円以上の高値が付けられた。

   出品されていることがツイッター上を駆けめぐると、

「まじで最悪。スターライトリング持って帰って売るとか。考えられない」
「持ち帰るなんてせかお輪(ファン同士の愛称)としてあり得ない。 そのせいでなくなっちゃったらやだよ泣」
「それやったってメンバーが悲しむだけでしょ...?」

といった怒りや悲しみ、さまざまな声が投稿された。

所属事務所がヤフオクに違反商品だと通告

   スターライトリングが出品されている情報は、ボーカル兼ギターのFukaseさんの下にも届けられた。「そんな馬鹿な」「まじか」と驚いた様子でツイートすると、さらに拡散。オークションにはいたずらの入札もあったのか、最終的に1000万円以上の数字をたたき出した。

   出品者情報によると、「LIVE使用前に頂いたものです」「セカオワの関係者の知人に譲ってもらったものです」と書いてあり、どうやら通常のファンが会場から黙って持って帰ったものではなさそうだ。

   騒ぎが大きくなり、その入手方法などから所属事務所がヤフオク!に違反商品だと通告。出品は9日夕方にようやく停止された。

   実は、セカオワグッズが高騰しているのはスターライトリングだけではない。メンバーがプロデュースした通常価格200円ほどのカップめんは、数量限定のためか買い占め騒動が起こっている。なんと、ネット上では倍以上の値段で取引されていて、その人気ぶりは驚くばかりだ。

   カップめんですらこの調子なら、ライブ限定グッズとなれば、だ。依然として熱狂的なファンの怒りは収まらず、「セカオワが本当に好きだったらそんなことしないでしょ?」「まぢ激おこなんですけど」といった声が投稿されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中