19歳「ようじ男」の逃走資金は生活保護費 「働かずに楽ができる」という人物がなぜ受給できるのか

印刷

   商品につまようじを混入させたように装ったとみられる動画を投稿し続けた「ようじ男」の逃走資金となったのは、生活保護費の残金7万円あまりだった。

   「今の日本はいいですね」などと福祉制度をあざ笑うような動画を投稿し続けた男に、保護費が受給されることに疑問を持つ人は多い。

受給暮らしを「ある種の勝ち組だと思いませんか」

生活保護の通知を見せびらかしていた
生活保護の通知を見せびらかしていた

   男は東京都武蔵野市のコンビニで紅茶飲料を万引きしたかのように装った動画を2015年1月5日に投稿したのを皮切りに、お菓子につまようじを刺したり、1円玉を入れたりする動画を立て続けに投稿。ネットだけでなく、テレビでも騒ぎが取り上げられると、14日には「生活保護費で逃亡する」と7万4000円を元手にした逃走を宣言した。

   それ以前から保護費を受給していると何度か動画で明かしていた。12月には生活扶助9万9620円、住居扶助5万3700円の計15万3320円が支給された通知を見せびらかし、「ある種の勝ち組だと思いませんか」「今の日本はいいですね、働かずに楽ができるんだから」と制度をあざ笑うかのように語っていた。

   「12月だから歳末一時で1万3890円プラス。これはなぜかと言うと、帰省したり、プレゼントしたり、正月はおせちを食べたりするんで多く支給されるんですよ」と解説をぶつ余裕を見せる。働く意欲はないのか、「生活保護を受けて悠々自適に生活してるって感じです」とまで放言している。こうした男の姿勢に、

「生活保護もらってただと?ふざけんなや役所!」
「迷惑をかけるようなヤツ、税金で生かす必要あるか?」
「打ち切れよ。反社会的な犯罪してる奴に税金出すなよ」
「これじゃ社会保障費はいくらあっても足りない訳だ」

とネット上では反発が広がる。

親とは別居?三鷹市アパートで1人暮らし

   男は13年6月に新宿駅で「無差別で人を殺害する」と予告し、威力業務妨害で逮捕され、少年院に入っていた。14年8月に仮退院し、現在は保護観察を受けていた。

   父親からは自首するよう促すメールが来たと話しているが、三鷹市のアパートで1人暮らしをしていたと報じられている。親子が別居する理由は分からない。

   法務省によると、仮退院中の人に対し、保護観察官や保護士が住居や就職の相談、支援を行う場合があるという。「基本的には職業訓練などを通して、退院後に社会復帰しやすいよう支援や指導はしている」というが、障害があって働けない、親類が頼れないなどの事情を考慮して、公的機関の福祉サービスを受けることも選択肢としてはあるという。実際に男は「保護費の通知は毎月届くんですよ」と話しており、仮退院直後から生活保護を受給していたとする報道もある。

   厚生労働省は「基本的には世帯が単位」というが、両親や親類がいても遠隔地に暮らしたり何らかのトラブルがあったりするなど諸事情は考慮され、単身者に支給が認められることはあるという。その際に18、19歳の未成年であっても年齢による制限は設けられていない。

   男は動画の中で働く意思がないかのような発言を繰り返しているが、本来労働の意欲がない場合は受給要件を満たさない。申請した際に何らかの虚偽の申告した可能性がある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中