物価上昇率2%の達成「15年度は難しい」日銀政策委員3人が懐疑的な見方

印刷

   2015年1月20、21日に開かれた日本銀行の金融政策決定会合で、3人の政策委員が2%の物価上昇率の達成時期について、「2015年度での達成は難しい」と懐疑的な見方を示していた。日銀が2月23日に公表した会合の議事要旨で明らかになった。

   日銀は1月の会合で15年度の物価上昇率見通しを1.0%に下方修正したが、15年度を中心とする期間に、2%の物価上昇率を達成する目標は据え置いた。

   議事要旨によると、ある委員は輸入製品の価格を押し上げる円安にもかかわらず、消費者物価(食料・エネルギーを除くコア指数)が足元でゼロ%台前半にとどまっていることを踏まえ、「先行き2%を持続的に実現することは難しい」と指摘。「16年度までの成長率および物価は政策委員の中央値を大きく下回る」との見方を示した。

   また別の委員は、原油価格の下落や中長期的な予想物価上昇率の上昇の勢いの弱まりなどから、16年度までの見通し期間を通じて物価見通しは下振れていることを指摘し、「消費者物価(生鮮食品を除くコア指数)は見通し期間中に2%に近づくにとどまる」とした。 さらに、もう1人の別の委員は、先行きの物価は委員の中央値より低いと見ており、「2015年度を中心とする期間に2%に達するのは難しい」との認識を示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中