男性教諭、小6男児を暴行し背骨折る 愛知・豊田

印刷

   愛知県豊田市の市立小学校で、男性教諭(42)がクラブ活動中に6年生男児(12)を投げ飛ばすなどして骨折させていた。2015年3月11日、各社が報じた。

   報道によると、3月4日に同校の体育館で行われたバスケットボールの試合後、あいさつをしなかったなどとして教諭が部員の男児の胸ぐらをつかんだり、蹴ったり、押し倒したりした。男児は背骨を折る全治3週間の重傷を負い、現在は通院しながら登校しているという。

   教諭は翌日、男児の保護者に謝罪。保護者は県警に被害届を提出したという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中