記者に巻き舌で「オrラァ!」とすごむ 維新議員秘書が話題「まるで...」

印刷

   衆院本会議を「病欠」した直後に旅行をしていたと複数マスコミに報じられた、維新の党の上西小百合衆院議員(31)。2015年4月1日にはFNN(フジニュースネットワーク)による直撃取材の模様がテレビで流れた。

   そのやり取りの中で、多く視聴者が注目したのは、上西議員本人ではなく、横に付いていた男性秘書だった。

  • Facebookでも「旅行に出かけたというような事実はない」と否定(画像はオフィシャルサイトのスクリーンショット)
    Facebookでも「旅行に出かけたというような事実はない」と否定(画像はオフィシャルサイトのスクリーンショット)

「わしの車に当たってるんじゃコラァ!ええかげんにせぇよ」

   複数報道によると、上西議員は3月13日に「急性ウイルス性腸炎」の診断書を提出。予算案の採決が行われた同日の衆院本会議を欠席したにもかかわらず、翌14日から2日間、知人男性と旅行に出かけていたという。お相手について、4月2日発売(首都圏など)の「週刊文春」では49歳の公設男性秘書と伝えている。

   この件についてFNN取材班は3月23日、大阪・心斎橋周辺で上西議員本人を直撃。4月1日以降、フジテレビ系の番組でその模様が放送された。

   手持ちカメラを回しながら「旅行疑惑」についての質問を重ねる記者陣に対し、上西議員は明確な説明を避け続けた。一方で記者たちの「取材方法」に問題があるとして、

「あなた方はね!だからこれね、あたし取材ね、事務所通じてしか受けませんから。取材拒否ですから映さないでください。取材拒否です」
「ちょっといい加減にしてくださいよ。事務所を通じてください。きっちりした形でやったらどうですか?」

などと強い口調で言い返していた。

   上西議員はこの時、中年の男性秘書と一緒だった。途中、秘書はカメラを持った記者に近づくと、ドスのきいた声で「ええかげんにせぇや、お前」とすごんだ。舌打ちをしてレンズを手で覆う場面もあり、苛立っているのは明らかだった。

   上西議員は立ち止まることなく、歩き続けた。車に乗り込んでからも取材陣が質問を続けると、秘書はさらに声を荒げ、

「おい、人の車当てたらどうするんや、オrラァ!」
「お前、わしの車に当たってるんじゃコrラァ!ええかげんにせぇよ」

と巻き舌でまくしたてた。

   映像を見るだけでは取材陣との詳細なやりとりは分からないものの、秘書の乱暴な言葉は多くの視聴者を驚かせたようだ。ツイッターには、まるで●●団組員、チンピラ、といった感想まで書かれている。

2日昼時点で苦情電話70~80件

   一連の映像を紹介した4月2日の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、司会者の小倉智昭さんも「この議員の対応もどうかと思いますけど、秘書の方も...強面ですね、言葉づかい...」と目を丸くした。

   お笑いコンビ「麒麟」の川島明さんは2日の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)の中で、「VTR見てて、側近の方のガラの悪さがちょっと...」「最近あそこまで怖い言い方する関西人ってあんまり(いない)。新喜劇くらいですね」と話していた。

   J-CASTニュースが上西議員の国会事務所に取材したところ、男性秘書の対応については2日13時時点で70~80本の苦情電話が寄せられたという。秘書の件について見解を求めたが、担当者は「ノーコメント」とした。

   上西議員は1日夜、「一部メディアに報道された旅行した事実はなく、療養に専念していました」などとするコメントを発表。翌2日にはFacebookを更新し、改めて旅行報道を否定した。また名指しこそしていないものの、FNNの取材方法について次のようにコメントした。

「人通りの多い中で突如強行された取材であり、周囲の一般の方々にも機材を何度もぶつけるような有様でしたので、『(周囲に迷惑ですから)事務所を通じて取材を申し入れて下さい。』と何度も何度もお願いをし、その場を一旦去り、その後に正式に事務所に頂いた全ての取材(質問書)に対して迅速に真摯にご回答をさせていただいております。それにもかかわらず、結果的にテレビカメラの前でのコメント等の極々一部のみが私共に不利なように編集され、オンエアーされたことは残念に思っております」

   ただし2日の「グッディ!」では、FNNが事務所に連絡を入れるも返答がなかったため、直接本人に取材を申し込んだと説明している。

   なお一部報道では、上西議員は15日に吹田市議選候補予定者の事務所開きに出席後、旅行に出かけたと報じられているが、前出の事務所担当者はJ-CASTの取材に「13日から15日にかけて旅行は一日もしてない。事務所開きに出席するため市外に出かけてはいるが、旅行には行っていない」と否定した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中