フジ「とくダネ!」赤っ恥? 公開ツイートで「取材を受けた等の投稿は遠慮して」

印刷

   ゴールデンウィーク初日の2015年4月29日、東北新幹線が停電のため一時全線で運転見合わせとなった。情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)の公式ツイッターアカウントは、現場から様子を伝えているユーザーたちに次々と画像使用の許可を求めた。

   同番組に限らず、こうした依頼自体はマスメディアが日頃から行っていることだ。しかし「とくダネ!」ツイッターは、その後に「不思議」なお願いをし始めた。

  • その後、「失礼いたしました」とコメント(画像は4月29日ツイートのスクリーンショット)
    その後、「失礼いたしました」とコメント(画像は4月29日ツイートのスクリーンショット)

「よろしくお願いします」と言われても...

「突然のご連絡失礼致します。フジテレビ『とくダネ!』スタッフの公式アカウントです。今日、東北新幹線運転見合わせの取材を進めてます。投稿された写真を放送で使用したくご連絡しました。お手数ですがフォローの上DMにて相談させて頂けませんか?」

   29日、「とくダネ!」ツイッターは5人のユーザーにこう語りかけた。ユーザーたちは、停電してしまった車内や、新幹線から降りて線路横を歩く様子などを撮影して投稿していた。

   メディアが一般人に画像の提供依頼をすると、しばしば「報道なら一般人の画像を借りないで自分の足で撮りに行け」といった批判があがる。しかし現場写真を得ることが難しいケースも少なくなく、その行為自体は取り立てて言うほど問題ではないだろう。

   しかし今回は、5人のユーザーに続けて送った下記の「お願い」がネットユーザーたちを苦笑させることとなった。

「また当番組から取材を受けた等の投稿は遠慮していただければと思います。よろしくお願いします」

   なぜそのようなお願いしたのか詳しい事情は分からないが、「とくダネ!」ツイッターはユーザーたちに引用リツイート形式でメッセージを送っていた。「遠慮して」と言われても、そもそも「丸見え」状態だ。

「みなさまから様々なご指摘を受けました。失礼いたしました」

   そのためネットでは、

「公開アカウントで何を言っているんだ...」
「マスゴミって呼ばれるわけだよね」
「取材依頼をツイッターで公開でしていて取材受けたことは内緒にってなかなか面白いね」

といったツッコミが相次いだ。

   こうした声を受けてか、「遠慮依頼」のツイートをすべて削除。その上で

「先ほどのツイートで、みなさまから様々なご指摘を受けました。失礼いたしました。現在、東北新幹線運転見合わせの現場で取材を進めていますが、みなさまからの情報・映像提供でさらに、事故詳細を明らかにしたいと思っています。今後もよろしくお願いします」

とコメントした。なお、翌30日の放送では居合わせた一般人のツイート文が一つ読まれただけで、画像の紹介はなかった。

   ちなみに、このアカウントは「情報募集公式アカウント」として運用されている。番組で取り上げるトピックスについて、毎日のようにさまざまなユーザーに情報や画像の依頼を行っている。「偽物では」との声もチラホラ出ているが、公式サイトにも説明が掲載されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中