ミラノ万博が開幕 「食」テーマに約150か国・機関が参加

印刷

   イタリア北部のミラノ郊外で2015年5月1日午後(現地時間、日本時間同日夜)、国際博覧会(万博)が開幕した。国際博覧会条約で定める「登録博」が開かれるのは10年の上海万博以来5年ぶりで、「地球に食料を、生命にエネルギーを」(Feeding the Planet, Energy for Life.)をテーマに日本を含む約150の国や国際機関が参加。万博が「食」をテーマにするのは初めてで、会場中のパビリオンで各地の食文化をアピールする。会期は10月31日までの半年間。主催者では約2000万人の来場を目指している。

   開会式終盤にはジェット機9機がイタリア国旗の緑、白、赤の煙を出しながら開会式会場の上空を通過。観客からは大きな歓声がわいた。

   開幕に先立つ4月30日夜には、ミラノ一番の観光地として知られる大聖堂(ドゥオーモ)広場で記念コンサートが行われ、イタリアを代表するテノール歌手、アンドレア・ボチェッリさんらの歌声が市民を魅了した。

  • 開会式会場上空にはジェット機が飛来し、イタリア国旗の3色で開幕を祝った
    開会式会場上空にはジェット機が飛来し、イタリア国旗の3色で開幕を祝った
  • 日本館では日本食をアピールするための様々な工夫がされている
    日本館では日本食をアピールするための様々な工夫がされている
  • 4月30日にはミラノ一番の観光地として知られる大聖堂(ドゥオーモ)広場で記念コンサートが行われた
    4月30日にはミラノ一番の観光地として知られる大聖堂(ドゥオーモ)広場で記念コンサートが行われた

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中