ポルノ俳優にSEXシーンでのゴーグル着用義務付け 感染防ぐにはコンドームだけでは足りない

印刷

   米国カルフォルニア州で、ポルノ俳優は性行為を撮影する際に、顔にゴーグルを着用しなければならない、という新規制案が発表されたという。

   同州労働安全衛生基準委員会(OSHA)がまとめた性感染症に関する報告書によると、体液や粘膜からの感染を防ぐためにはゴーグルが必要だ、となっている。制作会社やポルノ俳優たちは州に対し「馬鹿げている」「業界が潰れる」などと反発しているという。

  • 「体液や粘膜からの性病感染を防ぐため」と言うが・・・
    「体液や粘膜からの性病感染を防ぐため」と言うが・・・

ポルノ俳優を性感染症と血液媒介病原体から守る

   「ワシントンポスト」の2015年5月29日付け電子版などによると、ポルノ俳優の顔にゴーグルを着用させるという案が出たのは15年5月下旬に発表されたOSHAの報告書がきっかけで、一般市民を性感染症から守るためにはどうすればいいか、という内容をポルノ俳優にも適用させることにした。州は、

「ポルノ俳優を性感染症と血液媒介病原体から守る」

と発表し、その規制の中にコンドームとゴーグルの着用があったのだ。

   こうした規制に大きく関わっているのは、エイズ医療財団のマイケル・ワインスタイン氏。同氏は09年に男優にコンドームを付けさせることをOSHAに提案し、12年にはコンドーム着用法案の設立に尽力した。

   法案は一部の地区を除き破棄されたものの、今回は新たにコンドームに加えゴーグルを着用させるようにと動いた。なぜゴーグルなのかというと、目からの感染を防ぐためだ。もっとも、今回出された規則には、

「すべての体液は感染の可能性材料と見なされなければなりません」

とあることから、体液が出る部分や粘膜を全て「覆う」ことが基本のようで、ゴーグルはその象徴として提示されたともいえる。

   この州の発表に制作会社やポルノ俳優は大反発している。ワインスタイン氏のグループは、ポルノの撮影によって感染者が数千人出ていて、HIV感染者は少なくとも4人いると報告している。制作者サイドはこれに対し、14日置きに感染症の検査を実施し、体液と接した場合の消毒などは適宜に行っているとし、

「出演者の安全は十分に確保されている」

と猛反発している。

男優がコンドームを付けたら制作が9割減

   そして、こうした規制は現実性のない「バカげたこと」であり、性行為が始まるシーンの前にいきなりゴーグルをかければ、視聴者の気分が削がれてしまうし、「医療現場のようになってしまう」と主張する。アメリカではカリフォルニア州とニューハンプシャー州だけが成人映画製作を許可されていて、数十年に渡り成人映画の多くがカリフォルニア州で制作されてきた。

   2012年にカルフォルニア州でコンドーム着用法案が出て、この時はロサンゼルスが受け入れた。全ての成人映画でコンドームを着用する事になり、制作会社はロスでの制作を取りやめた。その結果、制作量が90%減った。そうした過去の例もあり、ゴーグル着用が義務付けられることになれば、州の一大産業であるポルノ産業が離れて行き、州の財政にも打撃を与えることになるだろう、などといった反対意見が「ワシントンポスト」などに掲載されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中