女子高生は「生理」のことを知らない 月経に関する知識「十分に持っている」は3.8%

印刷

   女子高校生は予想以上に女性特有の生理や病気に関する知識が乏しいことがわかった。

   バイエル薬品(本社・大阪市)が2014年 8月から10月、関東地方5校の女子高校生500人を対象に「女性の健康に関する意識調査」を実施した結果だ。

  • 女子高生の生理や病気に関する知識は、十分とは言えない結果に(画像はイメージ)
    女子高生の生理や病気に関する知識は、十分とは言えない結果に(画像はイメージ)

子宮内膜症や乳がんにも無知

   「月経痛、月経不順、無月経、過多月経のいずれかを経験したことがあるか」の問いに「ある」と答えたのは82.5%。続いて「これらの月経トラブルが病院で治療できることを知っているか」に「よく知っている」と答えたのは13.2%だけだった。「詳しく知らない」50.2%、「知らない」36.6%。

   「月経に関する知識」は「十分に持っている」が3.8%、「ある程度は持っている」が68.1%で、何と28.1%もの女子高校生が「ほとんど持っていない」と答えた。

   「月経痛や生理不順などで悩みや疑問を持ったことがあるか」を聞くと、あったのは33.5%だった。この時の相談相手 (複数回答) は親69.7%、友人28.5%、医師10.3%、学校の先生やカウンセラー4.8%の順で、「相談しなかった」が18.2%もいた。相談の結果

   「解決した」のは56.4%で、残り43.6%は「解決しなかった」。

   調査では 2つの病気についてもたずねた。「子宮内膜症という病気」を「よく知っている」は 9.4%で、「詳しく知らない」「知らない」はあわせて90.6%。「乳がんは検診で早期発見できる可能性があることを知っているか」には「よく知っている」21.8%で、「詳しく知らない」「知らない」が78.2%だった。

   中学校や高校では保健などの授業もあり、思春期に不可欠な女性特有の生理なども扱っているはずだが、意識調査結果からは決して十分とはいえない。

   バイエル薬品は学校に産婦人科医を派遣し、女性の健康教育についての出張授業をする「かがやきスクール」を始めた。初めての2015年度は、希望した関東、中部、関西、九州などの約25か所の高校が対象になる。意識調査はそれに先立って行った。

(医療ジャーナリスト・田辺功)

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中