「週刊少年サンデー」の表紙に指6本のキャラ 大人気漫画「ハヤテのごとく!」作者は疲れているのか

印刷

   「週刊少年サンデー」の最新号の表紙に描かれたマンガのキャラクターの指が6本描かれていることが分かり、ファンを驚かせている。

   マンガやアニメでは指や腕の本数が多く描かれてしまうミスがたまにはあるが、今回は大人気マンガ「ハヤテのごとく!」の連載500回を祝うものであっただけに、ファンは記念すべき号ではあってはならないミスだと糾弾している。

  • 畑さんの体調は大丈夫なのかといった心配も
    畑さんの体調は大丈夫なのかといった心配も

「編集が気づかなかった、やっぱり無能なの?」

   連載500回達成を記念し「ハヤテのごとく!」が「週刊少年サンデー」の表紙を飾ったのは2015年7月22日号。主人公で執事の綾崎ハヤテと、お嬢様の三千院ナギ、メイドのマリアの3人が登場した。「カラダを張って、皆様に感謝です!!」とマリアが語り、ナギは「祝☆500回!」と書かれたスクール水着を着てセンターにいた。ハヤテはというと、「ハヤテのごとく!」と書かれた小さな旗を左手に持って出ている。ただ、左手をよく見ると、指が6本描かれていた。

   「ハヤテのごとく!」は畑健二郎さんの作品で、実は自身のツイッターで15年7月6日、意味深な発言をしていた。それは、

「ぎゃーーーー!スゲーミスったぁぁぁぁぁああ!」「まぁ、来週の表紙ーーーーーー!!!」「まぁ、修正できない物は忘れることにしよう・・・」

というもので、ファンは何かわからず、不思議がっていたが、それはこの表紙を指したものだったようだ。

   こうしたミスにネットでは、

「サンデーの表紙で指6本て 500回記念の表紙でそんなのすげえ事故っぷりだな」
「表に出るまで誰もチェックしなかったのか・・・」
「編集が気づかなかった、やっぱり無能なの?」
「こりゃ回収だな」

などといった書き込みが出た。

「ハヤテ!」の連載にもおかしな箇所が

   ファンの中には、畑さんの体調は大丈夫なのかといった心配する声もある。というのも、畑さんは「ハヤテ!」以外にも現在放送中のアニメ「それが声優!」の原作とマンガの執筆をしているほか、9月からは「ハヤテ!」と同時進行で別の連載を「サンデー」で始めることが決まっている。表紙が問題となった今回の号の「ハヤテ!」の連載にもおかしな箇所があった。例えばコマによってはハヤテのトレードマークの「アホ毛」を書き忘れている、などといった指摘も出て、仕事が全体的に粗くなっていて「働きすぎなのではないか?」などと心配しているのだ。

   「週刊少年サンデー」の編集部にどうしてこんなミスをしたのかを、取材しようとしたところ、

「担当者は不在で、仮に居たとしても、答えられる内容ではないような気がします」

ということだった。ただし、騒ぎになっていることは知っていて、これから何らかの対応を検討することになるだろう、などと話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中