川島なお美さん、手術後は「民間療法」に専念していた 「邪気を取る」「バランスのいい食事」巡りネットで激論

印刷

   女優の川島なお美さんが胆管がんのため54歳で亡くなった。2013年夏に腫瘍が見つかり、2014年1月には約12時間にわたる腹腔鏡手術を受けていたが、2015年9月24日夜、都内の病院で息を引き取った。

   川島さんは手術後、抗がん剤や放射線による治療を一切受けず、「民間療法」を取り入れていたという。

  • 川島さんは亡くなる前日までブログを更新していた(画像は公式ブログトップのスクリーンショット)
    川島さんは亡くなる前日までブログを更新していた(画像は公式ブログトップのスクリーンショット)

ブログで「素晴らしい民間療法との出会いもありました」

   「邪気を取り払ったり、身体を温めたりしています。病院に行くのは定期健診の時だけ」――。川島さんは激やせぶりが注目された9月7日のイベント時、現在の治療についてこう語っていた。

   川島さんが自身の民間療法について初めて触れたのは、手術が週刊誌の報道によって公になった2014年3月のことだった。手術に至るまでの詳しい経緯を明かしたブログの中で「素晴らしい民間療法との出会いもありました」と綴っていた。

   2014年7月のブログでは、現在継続している健康法として(1)ビタミンC濃縮点滴などによる「免疫力アップ」(2)「電磁波により邪気をとりのぞくこと」(3)発酵玄米や豆乳ヨーグルトといった「バランスのよい食事」の3つを紹介していた。

   川島さんが亡くなった翌25日、複数メディアが民間療法を選んだ事実を報じると、インターネット上には驚きの声が相次いだ。同時にネガティブな意見もいくつも上がった。

「人の生き様に口は出せないが、標準治療を受けていれば......」
「『民間療法』とやらが要らん事を吹き込んだ結果のような気もするなぁ」
「民間療法ってのが胡散臭い!」
「民間療法で治るなら医者は要らんよなあ」

   民間療法の一つはホメオパシーだったのではないかとの情報も批判的な意見に拍車をかけているようだ。15年1月に亡くした愛犬について「ホメオパシーの先生のもと食事療法や自然薬で苦しむことなく天に召されていきました」などとブログに書いていたためとみられるが、本人が実践しているという証拠は見当たらない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中