安倍首相、野党の「戦争法案」呼称に猛反発 「根拠のない不安を煽り、まったく無責任」

印刷

   通常国会の事実上の閉幕を受け、安倍晋三首相は2015年9月25日夕方に会見し、野党の反対の中成立した安全保障関連法について、多くの国から支持を得ているとして、「戦争を抑止する法案」だと改めて主張した。

   一部野党が用いた「戦争法案」という名称には「根拠のない不安を煽ろうとするものであり、まったく無責任」と改めて反論。仮に「戦争法案」であれば「非難囂々(ひなんごうごう)だったのではないか。それは全く違う」と述べた。息切れが指摘されるアベノミクスをめぐっては、補正予算による景気対策に含みを持たせた。

  • 記者会見で安倍晋三首相「『戦争法案』はレッテル貼り」などと改めて反論した
    記者会見で安倍晋三首相「『戦争法案』はレッテル貼り」などと改めて反論した

フィリピン、東南アジア、米国、欧州は安保法支持

   安倍首相は、「戦争法案」という名称について、中国や韓国をのぞく複数の国名を挙げながら、

「もし『戦争法案』なら、世界中から反対の声が寄せられることだろう。しかし、この法制については世界の沢山の国々から支持する声が寄せられている。先の大戦で戦場になったフィリピンをはじめ、東南アジアの国々、かつて戦火を交えた米国や欧州の国々からも強い支持をいただいている」

などと法案が対外的にも理解を得られていることを強調。

「戦争を抑止する法案であり、世界の平和と安定に後継する法案であることの証」

だとした。

「もし戦争法案ということであれば、世界中から非難が寄せられる。非難囂々(ひなんごうごう)だったのではないか。それは全く違う」

とも繰り返した。

補正予算による景気対策にも含み

   安倍政権が「最優先課題」と位置づける経済政策をめぐっては、すでに首相周辺から大型経済対策を求める声が出ている。本田悦郎内閣官房参与(明治学院大学客員教授)は、8月11日のウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで15年4~6月期の国内総生産(GDP)が予測通りに低調であった場合、3兆円超の景気対策を実施すべきだと主張している。8月17日に発表された15年4~6月期のGDP速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.4%減、年率換算では1.6%減だった。

   会見では、ウォール・ストリート・ジャーナルの記者が、この「3兆円」という金額をどのように評価するかを質問。安倍首相は現時点での景気について「鈍い動きも見られるが、緩やかな回復基調が続いている」という認識を示しながら、補正予算による景気対策にも、

「現時点では考えていないが、経済動向をよく注視し、機動的な経済財政運用をして万全を期していく」

と含みを持たせた。

   安倍首相は9月24日の会見で、14年度に約490兆円だった名目GDPを今後600兆円にまで増やす目標を掲げている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中