「メディアには『志』がない!」 伊勢谷友介が自らの「貰い事故」報道に異議

印刷

   俳優の伊勢谷友介さん(39)が、自らの「貰い事故」を報じたメディアに対し、「何の意図も意思もない」とツイッターで不満をぶちまけた。そこには、伊勢谷さんが実践を唱えている独特の考え方があるようだ。

   伊勢谷友介さんは好きな大型バイクの運転をしていて、タクシーとの事故に遭った。

  • 自らの志は、座右の銘の「挫折禁止」
    自らの志は、座右の銘の「挫折禁止」

ネットでは「すっかり松陰になっとるw」の声

   報道によると、東京都内で2015年10月27日夜、タクシーが左に車線変更してきて、バイクの伊勢谷さんが転倒し、そのままタクシーと接触した。伊勢谷さんらにケガはなかった。事故原因としては、タクシーの運転手が後ろをよく見ていなかったためとされている。

   伊勢谷さんに非はなかったらしいが、各メディアが一斉に接触事故を報じた。すると、翌28日になって、伊勢谷さんは、「個人の貰い事故なんぞどうでも良いだろ」とツイートを始めた。

「それより大事なことが溢れてる。それでも話題にするのは、される側として迷惑であり、する側としてもお金になるか ならないかのメリットしかない。要するに、発信者には何の意図も意思もない。情報を流したのが誰かは知らない。ただその人間は、志の行動ではない」

   そのうえで、伊勢谷さんは、メディアが伝えるべきは社会的課題だとして、「選択に志がない」と批判した。

   こうしたツイート内容については、ネット上で様々な意見が出ている。

   「たしかにこの手の報道はいらん」「怪我もないならそっとしとけ」と同意する声は多かった。一方で、「有名税ってやつだ」「神経質すぎる」「こういう発言をする事自体が火に油」といった指摘があった。

   伊勢谷さんは、NHKで放送中の大河ドラマ「花燃ゆ」で、明治維新の精神的指導者とされる吉田松陰役を務めている。それだけに、「すっかり松陰になっとるw」との声も出ていた。

その意気込みが逆にトラブルを生むことも

   伊勢谷友介さんは実際、吉田松陰を尊敬しているとツイッターなどで明かしており、松陰が幕末の志士らを教えた松下村塾を現代によみがえらせる試みもしている。

   自らが代表を務めるリバースプロジェクトを通じて、6、7月には学生版の松下村塾を開いた。伊勢谷さんはそこで、学生ら50人を前に、松陰が拠り所にした「知行合一」の精神を教え、未来を考えて今をどう生きるかだと「志」の重要性を説いた。報道によると、学生らはまず握手やハグなどを行い、続いて自らのライフマップを元に今後の課題について議論した。最後に、学生らは「必ず行動に移す」などと誓っていた。

   今後は、高校生版、社会人版なども企画することを考えているという。

   伊勢谷さん自身も、自らの「志」を実践しているらしい。映画「あしたのジョー」の力石徹役のため過酷なトレーニングで鍛え上げたり、震災後には福島の子供たちのために卒業式などを演出したりしていた。「花燃ゆ」でも、撮影の合間に出演者らと「命の使い方」について話し合ったり、10月20日の打ち上げでスタッフと握手やハグを繰り返したりしたともいう。

   ただ、その意気込みが逆にトラブルを生むこともあるようだ。

   13年4月には、交際相手へのDV疑惑を週刊誌に書かれ、バッシングに対しても、「ネット右翼が社会の足を引っ張る存在になる」「目的の中に生きなければ、自己判断も出来なくなる」などとツイートして物議を醸した。その後、「全く妥当な言葉ではなかった」と釈明して、ツイートを削除している。

   また、14年6月には、集団的自衛権行使容認に抗議した焼身自殺未遂について、2ちゃんねるで自殺未遂者に非難が出たことについて「許せない」「命の使い方をどうするかは、意志のある人間が持てる大切な自由だ」とフェイスブックで怒りを露わにして、論議になったこともある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中