立花隆「めくら」発言にNHKが謝罪 「文脈から判断すべき」「言葉狩り」と疑問の声

印刷

   NHK「クローズアップ現代」の番組内で評論家の立花隆さん(75)が「めくら」と発言したことを受け、国谷裕子キャスター(58)が「不適切な表現」だとして謝罪した。

   めくらは目の不自由な人に対する表現で、いわゆる放送禁止用語の1つとされている。しかし、ネット上では「視覚障害者への言及では全くない」「謝罪する必要があるのか」として問題視するべきではない、という見方が多い。

  • NHKクローズアップ現代での発言で、キャスターが謝罪した
    NHKクローズアップ現代での発言で、キャスターが謝罪した

「放送禁止用語自体がナンセンス」

   番組は2015年12月3日の放送で、ノーベル物理学賞を受賞した東京大学宇宙線研究所長の梶田隆章さんを取り上げた。

   立花さんはスーパーカミオカンデでニュートリノに質量があることを確認した梶田さんの偉業をたたえる中で、

「カミオカンデ以前は、ニュートリノが見えなかった。見ないというのは、ないのと同じことなんです。世界中の学者が『めくら』同然の状態だった中で、日本だけが観察できた」

と表現した。

   しかし番組終了前に国谷キャスターが「一部不適切な表現があり、大変失礼いたしました」と謝罪。12月4日1時からの再放送では、立花さんの発言のうち「めくら」の部分だけ無音にして放送した。

   NHKの対応に対し、ツイッターなどネットでは異論が相次いだ。

「主語は素粒子探査の実情を意図したもので視覚障害者への言及では全くない」
「こんなことをいちいち謝罪する必要があるのだろうか。文脈から判断すべきだ」
「言葉の表面だけ取り繕うなよ、言葉狩りも大概にしとかんと」

   いわゆる放送禁止用語について「話の流れとして気にならなかった。放送禁止用語も細部までこだわりすぎでは」「個人的には放送禁止用語自体がナンセンスだと思ってる」という意見もある。

過去には「かたわ」「毛唐」「片手落ち」が問題に

   放送禁止用語は法規制がある訳ではなく、あくまで放送局が使用を自粛しているものだ。新聞社や通信社でも、めくらは「差別語、不快用語」で、差別やいじめにつながるとして使用しない。

   2015年5月22日放送のNHK「あさイチ」ではゲスト出演した市原悦子さんが、かつてナレーションを務めた「まんが日本昔話」について、

「私のやまんばの解釈は世の中から外れた人。たとえば『かたわ』になった人、人減らしで捨てられた人、外国から来た『毛唐』でバケモノだと言われた人」

と発言。この時もアナウンサーが「体の不自由な方、外国人の方を傷つける言い方でした。深くお詫びします」と謝罪していた。

   元NHK職員で経済学者の池田信夫さんは、2006年11月にブログで、

「あるときNHKのニュース解説で『片手落ち』という言葉を使ったのはけしからん、と部落解放同盟の地方支部の書記長がNHKに抗議にやってきた」

と明かしている。

   協議の結果、放送では使わないことが決まった。その年の大河ドラマでは「『片落ち』という言葉で代用した」という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中