「女になってんじゃねーよ」AKBたかみな「キス写真」にファン大反発 ジャスティン「ナンパ」の後に起きたこと

印刷

   来年の卒業が決まっているアイドルグループ「AKB48」の高橋みなみさん(24)が、ツイッターにカナダのミュージシャン、ジャスティン・ビーバーさん(21)から頬にキスをされている写真をアップしたことに対して、「女の顔になっている」「謝罪会見を開け」などと批判が巻き起こっている。

   頬にキスなど欧米人の挨拶のようなものではある。だが、写真は音楽番組終了後のオフに撮影されたもので、その番組内ではジャスティンさんが高橋さんをピンポイントで「ナンパ」している様子が度々あった。そのため「写真アップは何が目的なんだ?」などとAKBファンとジャスティンさんファンの両方から攻撃されることになった。

  • 「キス画像が流出ですね」「おいジャスティン、結婚してしまえ!」などといったコメントも高橋さんのツイッターに送られた(写真は2015年12月4日の高橋さんのツイッター)
    「キス画像が流出ですね」「おいジャスティン、結婚してしまえ!」などといったコメントも高橋さんのツイッターに送られた(写真は2015年12月4日の高橋さんのツイッター)

Mステーション生放送中、「セクシーだね」に手を振って独り応える

   高橋さんは2015年12月4日の夜に、

「ジャスティンと色々お話できて感動しました! とても気さくでお茶目で素敵だったなぁ 最後はご挨拶もできて良かったです」

とつぶやき、ジャスティンさんに肩を組まれながら頬にキスをされ、自身はピースサインをしている写真をアップした。高橋さんは恋する乙女のような表情になっている。この時ジャスティンさんはAKBの小嶋陽菜さん(27)とも肩を組んでいた。この写真はこの日に生放送があったテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」の撮影終了後に撮影されたものだ。

   番組内では、ジャスティンさんの高橋さんに対する「公開ナンパ」ともいえる積極的なアピールが何度も放送された。例えば、座っている高橋さんに後ろから近寄り、顔を近づけて「ハロー!」などと話しかけた。AKBが歌うために席を立つと、おもむろに立ち上がって拍手をした後に10回以上も投げキッスをした。スタジオからは「チョー愛しているよ!」「気に入っちゃったみたいですね」などといった声が漏れた。

   そしてAKBの歌が始まる直前、ジャスティンさんは急にマイクを持ち、日本語で「セクシーだね」と舞台に手を向けた。それに反応して大きく手を振っていたのが高橋さんだった。さすがにジャスティンさんは自分の歌う番が近づくと緊張した表情に変わったが、それまでずっと高橋さんの顔や足を見ているという状況がカメラに映っていた。

「世界中の何万人を敵に回したんでしょうね」

   これだけならば高橋さんが世界的スターから好意を持たれた、ということだけで終了するが、高橋さんは番組終了後にジャスティンさんと合流し、頬にキスをされた写真をツイッターにアップした。その結果、「こうした写真をツイッターにアップする理由がわからない」などと、AKBおよびジャスティンさんファンの両方から批判される事になってしまった。高橋さんのツイッターには、

「アイドルでしょ?テレビでしょ?女になってんじゃねーよ」
「そーゆー写真は自分の中で閉じ込めといてください。嫉妬させたいんですか?!」
「明日丸坊主で謝罪会見しろ」
「世界中のビリーバーの何万人を敵に回したんでしょうね 笑 こんな写真載せるとか信じられないw誰もいい思いしない」
「おい!ジャスティン我等たかみな!に、何しやがる10年早いわ」

などといったことが書き込まれた。なお、小嶋陽菜さんもインスタグラムにジャスティンさんから頬にキスをされた別の写真を掲載したが、こちらはほとんど話題になっていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中