クルーズ船の訪日外国人、100万人突破 政府目標5年前倒し

印刷

   国土交通省は、2015年に入ってクルーズ船で訪日した外国人数が14年の2.4倍に増え、累計で100万人を突破したと、12月8日に発表した。同日朝、約3450人の乗客を乗せたイタリアのクルーズ会社が運航する「コスタセレーナ号」(11万4500トン)が、福岡市の博多港に寄港して達成した。

   円安や中国でのクルーズ船ツアーの流行が追い風となり、15年6月に策定した政府目標を5年前倒した。クルーズ船は寄港地にもたらす経済効果が大きく、国交省は受け入れ環境の整備を急ぐ方針だ。

   石井啓一国交相は閣議後会見で、「目標を2年目で達成できた。官民で取り組んだ一つひとつの積み重ねが具体的な成果となり、非常に喜ばしい」と語った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中