「強姦を示談に」弁護士HPのPR漫画に批判殺到 一転「配慮に欠けた」と謝罪と削除

印刷

   弁護士の事務所がホームページで載せた「強姦事件」解決までの漫画がネット上で物議を醸し、事務所側が謝罪して削除する騒ぎになった。被害届を取り下げてもらうという弁護活動のあり方も論議になっている。

   「やばい...どうしよう...」。この漫画は、強姦事件を起こしたという自覚がある男性が、公園のベンチでこう頭を抱えるシーンから始まる。

  • 犯罪の自覚がある加害者の喜びに違和感が…(写真はイメージ)
    犯罪の自覚がある加害者の喜びに違和感が…(写真はイメージ)

主人公が被害届取り下げを喜び、「久々に一杯やるか!」

   掲載したのは、全国各地に支部があるアトム法律事務所(本社・東京都千代田区)だ。「漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ」というタイトルで、漫画は4ページにわたっていた。

   そこでは、男性は、警察の取り調べを受け、「目撃者がいる」と指摘された。逮捕されて前科持ちになったら、仕事はクビになり、家庭は崩壊し、新聞やネットに載って人生が終わってしまうと男性は思い悩む。

   男性がビルの屋上から飛び降り自殺を考えていると、弁護士が登場して男性を制止する。そして、弁護士は、正しく対応すれば事件の半分以上が不起訴になり前科がつかないとして、「被害者の方と示談をして被害届を取り下げてもらいましょう!」と呼びかける。強姦は親告罪のため、被害届が取り下げられれば、起訴できないことになっている。

   弁護士が手を尽くした結果、被害者との示談が成立して不起訴になり、弁護士は「次からは気をつけてくださいね」と男性を励ます。男性は、誰にも事件のことがバレず、仕事も順調だとして、「よおし! 今晩は久々に一杯やるか!」と微笑み、漫画が締めくくられている。

   この漫画は、2015年12月16日ごろからツイッターなどで取り上げられ、疑問や批判が相次ぐ炎上状態になった。

   特に、男性がバレなかったことを喜ぶ最後の2コマに批判が集まっており、「加害者が一切反省してない」「こいつ絶対に再犯するわ」「感覚麻痺してんのかね、この事務所」と次々に書き込まれている。

「反省と謝罪がないようにも見えたので削除」

   もっとも、「お仕事を正しく表現できている」「弁護士としては優秀」などと理解を示す声も一部ではあった。

   事務所のホームページ上では、「交通事故」や「傷害事件」などと表現を変えて、同じ図柄の漫画がいくつも掲載されている。強姦という重大な事件にも、この漫画をあてはめたため、今回は見た人に強い違和感を与えた可能性があるようだ。

   事務所側は、12月17日になって、ホームページ上で「配慮に欠けた表現があった」とお詫びし、「強姦事件」の漫画についてはすべて削除した。一方、ほかの漫画についても、最後の2コマについては削除して掲載している。

   アトム法律事務所では、取材に対し、「配慮に欠けた表現」については、「強姦事件というセンシティブな問題で、様々な立場の人に対する心配りが欠けていたという意味です」と説明した。また、「最後の2コマは、反省と謝罪がないようにも見えたので削除しました」と言う。

   ネット上では、弁護士が「次からは気をつけてくださいね」と言うシーンも、事件を起こすことが前提のような言い方だという批判がある。この点については、事務所では、「『次は過ちを犯さないように気をつけてください』という意味のセリフです。セリフが長文になるとわかりにくくなるので、全体的に短くしています」とした。

「示談で脅しや圧力をかけることはない」

   事務所のホームページでは、漫画のように、事件を起こしたという自覚がありながら、被害届の取り下げに成功したという解決事例がいくつも紹介されている。これについて、ネット上では、被害者側に脅しや圧力をかけているようにも見えて不快だという声が出ているが、事務所では、次のように説明する。

「一般的に、刑事弁護人が被害者と示談を進める際は、まず検察官に、被害者の意向を確認します。被害者が交渉に臨むことを拒否しているケースでは、示談の話し合いはできません。示談が成立し被害届が取り下げられるのは、被害者の方が納得した場合に限られます。示談の話し合いで脅しや圧力がかけられることもありません」

   もし事件の自覚があるのなら、取り下げを求めずに裁判で情状を求めるべきではとの指摘については、事務所側は、それが本来の弁護活動ということにはならないとして、「相談者が示談を希望し、被害者が示談の話し合いをしてもよいと言っているケースでは、示談の話し合いを進めることが本来の弁護活動です」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中