山手線29駅で最も「ダサい」のは鶯谷 その理由は「いかがわしい感じ」?

印刷

   東京都心をぐるりと1周するJR山手線。その29駅の中で、最も「雰囲気が好き」な駅は「恵比寿」だったことが、不動産・住宅情報サイト「HOME'S」の調べでわかった。

   ここ数年、山手線では、東京駅が改修してレトロな駅舎に復刻したり、高田馬場駅が電車の発車メロディーに「鉄腕アトム」を採用したりするなど、それぞれの駅が個性を競っている。ふだん駅を利用している人に、「雰囲気が好き」な駅と、どちらかというと「ダサい」と思う駅をあげてもらった。

  • 山手線のダサい駅第1位、「鶯谷駅」には「いかがわしい」イメージが…(写真はイメージ)
    山手線のダサい駅第1位、「鶯谷駅」には「いかがわしい」イメージが…(写真はイメージ)

駅にいる人や街がもつ雰囲気が「好き」

   その結果、山手線で「最も雰囲気が好き」な駅の第1位は「恵比寿」で、70票(16.7%)を集めた。理由を聞いたところ、圧倒的に多かったのが「おしゃれ」なこと。「大人っぽい落ち着いた雰囲気が感じられる」「ガーデンプレイスなどおしゃれな場所に近いから」「歩いている人がおしゃれで上品」などで、HOME'Sは超高級な街でもなく、ちょっと歩くと閑静な住宅街という「二面性」を持ち合わせていることが「恵比寿」の魅力とみている。恵比寿への支持は「女性が多かった」(HOME'S)という。

   2位は、2012年に丸ノ内駅舎の復原工事が完了した「東京」(62票、14.8%)。「赤レンガが高級感あって素敵だと思う」「レトロ感が味わえる」「モダンな感じ」といった声が寄せられ、歴史情緒ある雰囲気が好感度を上げている。

   3位には「新宿」(27票、6.4%)がランクイン。「雑多な感じが好きだから」「東京で一番活気がある」といった評価があった。4位の「目黒」(25票、6.0%)は住宅地と商業地のバランスのよさをあげる人が多く、5位の「池袋」(24票、5.7%)は「見どころ、遊びどころが多い」「にぎやか」といった意見が多かった。

   HOME'Sは、「利便性に加えて、治安のよさや景観のよさなど、二面性を持つ駅が評価されやすいようです。また、雰囲気が好きな駅の理由には、駅にいる人の雰囲気やその街をどう利用するかなどが多くあがりました。単なる移動手段ではなく、そこでどのような感情を生み出してくれるのかという『体験』が、これからの駅には求められていくのではないでしょうか」と話している。

   その半面、インターネットには、

「恵比寿? 発車メロディーだけじゃね」
「池袋は環境悪すぎ、中国人多すぎwww」
「おしゃれな街なんて住みづらいだろうに。ノーメイクにジャージで買い物に行けるくらいの街のほうがきっと住みやすいよ」
「新宿はないわ。汚過ぎて」

などと不思議がる声や、自身がもつイメージに合致しない人も少なからずいるようだ。

降りたことないけど、「男は黙って鶯谷だな」...

   一方、JR山手線の29駅のうち、「最もダサいと思う」駅の第1位は102票(24.3%)を集めた「鶯谷」。2位の「新大久保」(47票、11.2%)に、大差をつけてトップとなった。

   1日の平均乗車人員は29駅で一番少なく、一番多い新宿と比べると30分の1の利用者しかいない。「ラブホテルが多い」「いかがわしい感じ」「風俗店が多いイメージ」といった印象をもつ人が多かったようだ。

   「新大久保」といえば、コリアンタウン。韓流ブームに沸いた4、5年前には多くのファンが押し寄せたが、「すでに外国人の街」といった印象がある。

   3位の「巣鴨」(44票、10.5%)を「ダサい」と思う理由には、「お年寄りが多い」「おばあちゃんの街だから」という声が多く、4位の「田端」(39票、9.3%)は「駅にお店が少ない」「取り残されている感じがする」という。5位にランクインした「西日暮里」(14票、3.3%)も、「やや昭和感が強い」「年配の人が多く住んでいる印象」などの声がみられた。地味な印象が強いようだ。

   「ダサい」駅の上位は5駅のうち4駅が山手線の北側にあたる池袋~上野間にあった。「鶯谷」や「田端」のように乗降客が少ないことから、車窓から目に入る建物や看板などで街の雰囲気を判断する人が多かったとみている。

   インターネットには、

「新大久保、わりと好き」

といった声もあるが、

「たしかに巣鴨と新大久保は『ダサい』」
「田端、駒込、巣鴨、目白、新大久保は降りたことないな」
「男は黙って鶯谷だな」

などの声が寄せられている。

   HOME'Sは、「今回の調査では、駅のイメージが住まいの人気にダイレクトに影響するかどうかは一概には言えません。ただ、恵比寿や新宿などは当社で調査した『買って住みたい街・借りて住みたい街ランキング』で上位ランクインした街であり、『雰囲気』という面では住まいのイメージが駅のイメージに少なからず影響を与えていることは否めません」と話す。

   山手線は2020年の東京五輪・パラリンピック開催を前に、品川~田町間に30番目の新駅が誕生することが決まっている。山手線沿線の町並みはまだまだ進化するようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中