「まだタクシー券なんて使っていたのか」 NHK記者の「ゆるゆる」不正利用に驚きの声

印刷

   NHKさいたま放送局の男性記者が業務用タクシーチケットを私的に利用し、処分が検討されていることが判明した。複数の記者にチケット利用上の問題があったことも分かり、ずさんな実態があるのではとネット上で批判が上がっている。

   「コンプライアンスを徹底していきます」。子会社社員2人の2億円着服やアナウンサーの危険ドラッグ所持などが発覚して、NHKの籾井勝人会長がこう発言した矢先に、また不祥事が出てきた。

  • チケット利用なら使い放題?(写真はイメージ。記事とは関係ありません)
    チケット利用なら使い放題?(写真はイメージ。記事とは関係ありません)

さいたま放送局記者、100万円超を私的利用?

   タクシーチケット不正を最初に報じたのは産経新聞だ。2016年1月15日付記事によると、さいたま放送局の男性記者は、これまでに100万円超を私的に利用していたことがNHKの内部調査で分かった。

   運転手と口裏を合わせ、ウソの乗降時間や場所をチケットに記入していた。この記者が以前所属していた別の部署でも、チケットを私的に利用していたという。

   また、15年には大阪放送局の男性記者も同様の手口によるチケットの私的利用が分かって処分を受けたとも報じた。NHKは、勤務記録とタクシーのGPS記録を照らし合わせて不正を突き止めたとしている。

   その後、共同通信も、さいたま放送局の複数の記者がチケットの私的利用を繰り返していたと報じた。記事によると、NHKでは、「事実関係を精査したうえで、厳正に対処する」と広報部がコメントした。

   こうした報道を受けて、ネット上では、「またまたNHKの不祥事」「受信料がこんなことに使われていたのか」「もっと根が深いかもしれんぞ」といった批判が次々に書き込まれている。

   NHKでは、記者らのチケット利用を巡って、これまでに様々な問題が指摘されてきている。

NHK「複数の記者のチケット利用に問題」

   1994年には、NHKの記者が取材協力者に帰宅用のタクシーチケットを渡した結果、旅行などに計520万円も使われていたことが発覚した。

   2005年には、NHK全体で03年度に総額43億円もチケット代に支払われていたことが国会で明らかにされ、波紋を呼んだ。このときのNHK職員は約1万1000人いたことから、1人当たり年間40万円も使っていた計算になる。

   最近でも、サンデー毎日の15年5月31日号によると、NHKの中堅職員が「東京では理由さえしっかりしていれば、金額に上限がない」とその使い放題ぶりを証言した。1枚当たりの利用金額上限は1万円だが、「料金がそれ以上になった場合は2、3枚もらって使う」とも明かした。

   そもそもNHKの籾井勝人会長自身がタクシー利用にルーズなようだ。15年3月には、私的なゴルフでハイヤー代をNHKに請求していたことが発覚し、代金は返していたものの、翌4月に経営委員会から厳重注意を受けている。しかし、このときは、反発をあからさまに示していた。

   業務用タクシーチケットについては、以前は新聞各社などでも広く利用されていた。しかし、利用上の問題などが出てきたため、大手新聞社でも、一部を除いて廃止されるようになり、関係者からは「NHKはまだ使っていたのか」と驚きの声が上がっている。

   NHKの広報部では、取材に対し、さいたま放送局の男性記者の利用金額などで報道は正確でないとしたものの、「複数の記者のチケット利用に問題があった」と認め、調査していることを明らかにした。私的利用ばかりでなく様々なケースがあるという。

   大阪放送局のケースについては、公表していないとした。不正の程度によって、様々なレベルの処分があるからだという。

   チケットについては、部署によって利用しているかどうかは違うとだけ説明した。利用についての内規はあるが、公表していないとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中