SMAP「解散阻止」でCDがオリコン上位に ネットでは約1万7000筆署名

印刷

   SMAPが2003年に発売したシングルCD「世界に一つだけの花」が、2016年1月14日付のオリコンデイリーCDシングルチャートで9位に浮上した。ネットを中心にファンの間では、SMAPの解散を回避するため、この曲の「購買運動」が進められており、その影響と見られる。

   また、署名サイト「change.org」では、「SMAPの存続。5人での活動の継続」を要望する運動が行われており、国内外から16日午前までに、約1万7000筆の署名が寄せられた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中