丸山議員、憲法審査会委員を辞任 オバマ氏への「黒人奴隷が大統領に」発言で

印刷

   自民党の丸山和也参院議員は、アメリカのオバマ大統領にからみ、「黒人奴隷が大統領になるなんて」などと発言したことを踏まえ、2016年2月18日に参院憲法審査会の委員を辞任した。

   丸山氏は17日の参院憲法審査会で「今アメリカは黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。奴隷がアメリカの大統領になるなんて考えもしない。(アメリカは)それだけダイナミックな変革をしていく国だ」と述べ、その後、記者会見を開き「誤解を与えるような発言をしたことを大変申し訳なく思う」と陳謝した。

   この発言に対し、18日午前の衆院予算委員会で菅義偉官房長官は「自らの発言に責任をもって、国民の信頼を得られるよう説明責任を果たす必要がある」と苦言。民主、社民、生活の野党3党も同日、丸山氏に対する議員辞職勧告決議案を参院に提出していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中