ケーキも嬉しいことも焼肉もみんなダメなの? 熊本地震後、一般人にも猛威を振るう「不謹慎狩り」

印刷

   熊本地震がネット上の「言論」に大きな影響を及ぼしつつある。その最たる事例が、震災と無関係なSNSやブログの投稿を「不謹慎」だと批判する行為だ。

   地震発生直後、投稿が不特定多数の目に留まりやすい芸能人が真っ先に「餌食」となった。今やそれが、一般人の間でも交わされ始めたようだ。

  • あれもこれも「不謹慎」……(画像はイメージ)
    あれもこれも「不謹慎」……(画像はイメージ)

被災者の知り合いがいるわけではないのに......

   2016年4月22日、ニュースサイト「ハーバービジネスオンライン」にこんなQ&Aが掲載された。質問を寄せたのは、東京都に住む27歳の読者。

「『ここはあえて平常心で』と思って、フェイスブックにケーキの写真を投稿をしたら、友達からメッセージで『被災地の人が苦しんでいるときに、そんな投稿をするなんて信じられない! 人格を疑う!』と罵倒されました。自分としては『それは違うだろ』という思いがあるので削除はしていませんが、友達を不愉快にさせたのは悪かったと思ってます。でも、どう謝ればいいのかわかりません。その友達は、被災地に身内や友達がいるわけではないようです

   ケーキの写真を投稿しただけなのに、被災者の存在を理由に批判される。しかし、批判をする人に被災者の知り合いがいるわけではない。大きな災害の後、ネット上でよく見られる「不謹慎狩り」の典型的な例と言えるだろう。これに対し、コラムニストの石原壮一郎さんは、「友達」は平常心を失っていると分析し、

「『何もできない自分』がもどかしくて気が立っていたのでしょう。あなたにしてみれば完全にとばっちりです。なのによくわからないけど謝らなきゃと思っているあなたは、きっといい人に違いありません。とくに謝る必要はないと思います」

とアドバイスした。

   「不謹慎狩り」をするネットユーザーは、揶揄の意味も込めてしばしば「不謹慎厨」と呼ばれる。熊本地震の直後、芸能人のSNSやブログに執拗な批判を加えていた「不謹慎厨」。一般人同士でもそうしたやり取りが広がっているようで、ツイッターで「『焼肉食べ放題行ってきた~』とか載せるの今この状況でやめようよ」との声もみられた。

蔓延する「不謹慎ですが......」の前置き

   この質問者と違い、芸能人らは自らの投稿を削除して事態の収束を図った。女優の長澤まさみさん(28)は16年4月14日、女優のりょうさん(43)らと一緒に撮影した写真をインスタグラムに投稿。「不謹慎」「タイミングが悪い」といった批判を受け、何も言わずに写真を削除した。モデル・西内まりやさん(22)も被災地への応援メッセージを投稿していたにも関わらず、自撮り写真を添えただけで非難され、「今の状況で私が発する言葉、行動によって不快な気持ちにさせてしまっている方々ごめんなさい」と謝罪した。

   こんな目に遭いたくない――そう考えているのか、ツイッターにはきょうも「こんなタイミングで不謹慎ですが......」「不謹慎ツイートすみません」と前置きしてから、身の回りに起きた震災と無関係の嬉しかった出来事を報告する一般ユーザーが見受けられる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中