「VS猪木戦」のモハメド・アリ氏、死去 追悼ツイートが「チョウのように舞う」

印刷

   プロボクシング元世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリ氏が2016年6月3日(現地時間)、米アリゾナ州の病院で亡くなった。74歳だった。複数の米メディアが伝えた。

   1976年に行われたプロレスラーのアントニオ猪木さんとの「格闘技世界一決定戦」などで知られるアリ氏。ツイッターには、追悼の声が相次いだ。

  • ボクシング(写真はイメージ)
    ボクシング(写真はイメージ)

水道橋博士「世界史に残るTHE GREATEST」

   1942年に米ケンタッキー州で生まれたアリさんは、12歳からボクシングを始め、1960年のローマオリンピックではライトヘビー級を制し優勝した。プロに転向後、64年にヘビー級王者に挑戦し世界チャンピオンとなった。しかし信仰とベトナム戦争への反対を理由に徴兵を拒否したため、67年に王座をはく奪された。

   70年にプロボクシングに復帰したアリ氏は、74年に世界王座を奪還。通算19回の防衛を果たした。その華麗なフットワークから、「チョウのように舞い、ハチのように刺す」と評された。76年には、日本武道館でアントニオ猪木さんと「世紀の一戦」も呼ばれた「格闘技世界一決定戦」に挑んだ。

   アリ氏はリング外でも、ベトナム戦争への反対や、人種差別、信仰の自由をめぐる言動で注目を集め、2005年にはアメリカ政府から「自由勲章」が贈られた。

   アリ氏の死去を受け、アントニオ猪木氏は4日、「かつてのライバルたちを見送ることは非常につらいものです」などとする追悼コメントを発表した。

   また、ツイッター上には死を悼む声が多く集まっており、お笑い芸人の水道橋博士さんは

「マイ・ヒーローは数々いるだろう。師匠・ビートたけしも、そしてアントニオ猪木もしかり。しかし、今世紀のアスリートで世界史に残るTHE GREATESTであり、我が家で最も偶像崇拝している方が亡くなった」

などとツイートしている。

   他にも、「ご冥福をお祈りいたします」「合掌」などと追悼ツイートが相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中