指原、ダチョウ上島とのキスに意欲満々 「果敢に攻めていきたい」

印刷

   HKT48の指原莉乃さん(23)が2016年7月13日、AKB48の選抜総選挙で連覇を果たした際の公約実現に改めて意欲を示した。新製品発表のイベントで飛び出した発言で、指原さんの公約は、ダチョウ倶楽部に弟子入りして「熱湯コマーシャル」に挑戦することだ。

   ダチョウ倶楽部にとっては「鉄板」とも言えるギャグ、上島竜兵さん(56)と口げんかの後にキスをする「仲直りキス」にも「果敢に攻めていきたい」と意欲を示した。

  • イベントに出席したHKT48の指原莉乃さん
    イベントに出席したHKT48の指原莉乃さん

「早めにお会いして決めないと」

   「仲直りキス」をめぐっては、ダチョウ倶楽部メンバーは7月5日のイベントで、

「本人がよくても世間が許さない」
「(AKB48グループを)卒業したら考えなくはない」

などと及び腰な発言を繰り返していたが、指原さんは13日、

「ご本人たちはそうおっしゃっていますよね。私はもう、果敢に攻めていきたい」

と、卒業にこだわらずに挑戦したい考えを示した。

   また、芸能リポーターの川内天子さんが

「キスすると幸せになれるっていうジンクスがあるんですよ、上島さんと」

とあおったが、指原さんに

「例えば誰がなってるんですか?」

と切り返されると、川内さんは

「誰だっけ...」

と言葉に詰まっていた。公約実行の時期は未定のままで、指原さんは「(ダチョウ倶楽部と)早めにお会いして決めないと」と話していた。

   この日のイベントでPRされたのは、ベンチャー企業の「ロビット」社のスマホと連動して自動的にカーテンを開ける装置「めざましカーテン mornin'」(7月13日発売)。カーテンが開くと太陽光が差し込むため、自然な目覚めや活動意欲が促されるとされる。指原さんは

「本当にうちの(HKT48の)メンバーって寝坊する子が多い。コンサート明けで、朝、福岡に帰らなきゃいけない時とか特に、何人ものメンバーが毎回飛行機を遅らせて(次の便に変更して)、マネージャーがその分(予定が)ずれて、大変なんですよ。人が多いので。なのでHKTメンバー全員にプレゼントしたい」

とアピールしていた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中