「タマゴボーロ」竹田和平氏死去 「和製バフェット」の異名も

印刷

   菓子メーカー「竹田製菓」の創業者である、竹田和平氏が2016年7月21日に死去した。83歳だった。同社が22日、J-CASTニュースの取材に明らかにした。

   竹田氏は、幼児向けの菓子「タマゴボーロ」を普及させたことで知られ、有名企業の大株主に名を連ねる個人投資家の一面も持っていた。ネットでは惜しむ声が出ている。

  • 「タマゴボーロ」を普及させた竹田和平氏(公式サイトより)
    「タマゴボーロ」を普及させた竹田和平氏(公式サイトより)

ファンからは「おいしいお菓子をありがとう」

   竹田氏は1952年、愛知県で竹田製菓を創業(現在は竹田本社に社名変更、所在地は犬山市)。卵を使った豆ほどの菓子、タマゴボーロの大量生産に成功し、看板商品として販売した。同社は、ウエハース「麦ふぁ~」の販売でも知られており、ツイッターではこれらの商品のファンから、

「たまごボーロ大好きだった、残念でならない...」
「タマゴボーロの竹田さん、亡くなったんだね。おいしいお菓子をありがとう」
「タマゴボーロもよく食べたけど、麦ふぁーを病みつきになるくらい食べてた。美味しいお菓子をありがとう」

といった追悼の声が出ている。

   数多くの企業の大株主でもあった竹田氏は、アメリカの投資家ウォーレン・バフェット氏になぞらえて「和製バフェット」とも呼ばれていた。そうした面をツイートする人も少なくなく、

「私にとっての日本人として、日本人的なの投資家像の理想のお1人でした。 どこかで一度、お会いしてみたかったです」
「小さい頃にたべたタマゴボーロは懐かしく、また投資家としても勉強させて頂きました」

といった声が流れている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中