ベンツから引き継ぐアマゾンの狙い 東京ファッションWの「冠」

印刷

   インターネット通販大手のアマゾン ジャパンが、「東京ファッション・ウイーク」の新しい冠スポンサーに就いた。

   東京ファッション・ウイークは、2016年10月(17年春夏コレクション)で12年目、23回目を迎える。毎回5万人以上の来場者を誇り、最近はミラノやパリ、ニューヨーク、ロンドンといった最先端のファッション・ウイークにも引けをとらない、世界規模のファッションの祭典に成長してきた。

  • アマゾンが「東京ファッション・ウィーク」の冠スポンサーに!(画像は、「Amazon Fashion Week TOKYO」の公式ホームページ)
    アマゾンが「東京ファッション・ウィーク」の冠スポンサーに!(画像は、「Amazon Fashion Week TOKYO」の公式ホームページ)
  • アマゾンが「東京ファッション・ウィーク」の冠スポンサーに!(写真左から、日本ファッション・ウィーク推進機構の三宅正彦理事長、アマゾン ジャパンのジャスパー・チャン社長、同社バイスプレジデントのジェームズ・ピータース氏)
    アマゾンが「東京ファッション・ウィーク」の冠スポンサーに!(写真左から、日本ファッション・ウィーク推進機構の三宅正彦理事長、アマゾン ジャパンのジャスパー・チャン社長、同社バイスプレジデントのジェームズ・ピータース氏)

日本のファッション・デザイナーらの育成に貢献

   アマゾン ジャパンと、東京ファッション・ウイークを主催する日本ファッション・ウイーク推進機構(JFWO)は、東京ファッション・ウイークの冠スポンサーが「Amazon Fashion」に決定したと、2016年7月21日に発表した。10月に開催予定の第23回東京ファッション・ウイークから、「Amazon Fashion Week TOKYO」(AFWT)として、新たにスタートする。

   冠スポンサーの契約金額や具体的な内容は明らかにしていないが、アマゾン ジャパンは「複数年にわたってパートナーシップを組みます」と話している。

   今回のスポンサー契約について、アマゾン ジャパンのジャスパー・チャン社長は「当社にとって、ファッションは急成長分野の一つ」であることを強調。「『東京ファッション・ウイーク』の冠スポンサーとして、JFWOと協業できることを大変うれしく思っています。今後、アマゾンがファッション業界を継続的にサポートしていくことを示していきたい」とコメントした。

   米アマゾンでは、2012年にニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されるファッションの祭典「Met Gala」の協賛にはじまり、15年からは「メンズ・ニューヨーク・ファッション・ウィーク」のスポンサーを務めているほか、ファッションを志す学生をサポートする「Amazon Fashion Studio Sessions」を開始。さらに、ニューヨークとロンドンに2つのフォトスタジオを開設して若手デザイナーの育成支援に貢献している。アマゾン ジャパンのスポンサー契約も、こうした世界戦略の一環とみられる。

ベンツは2011年秋から

   Amazon Fashion バイスプレジデントのジェームズ・ピータース氏は、「東京ファッション・ウイークの冠スポンサーとして、日本に基盤を置くデザイナーたちのコレクションを披露する場をサポートしていけることを楽しみにしています」と、意気込みを語った。

   これまで、「東京ファッション・ウイーク」の冠スポンサーを務めてきたのはメルセデス・ベンツ日本。日本ファッション・ウイーク推進機構(JFWO)は、2016~17年秋冬シーズン(16年3月14日~3月19日開催の『Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2016 A/W』)をもって、冠スポンサー契約を終了した。

   メルセデス・ベンツは、2011年10月に初めて冠スポンサーとなり、16年3月までの約5年間にわたり、東京ファッション・ウイークの華やかなイメージを発信してきた。

   とはいえ、ファッション・イベントとしての知名度、認知度は上昇したものの、具体的な販売などにはつながりにくかったとみられる。

ファッションとの親和性

   JFWOの三宅正彦理事長は、「アマゾンはe‐コマース上の取引だけでなく、ファッション業界のためのチャネルとして存在を強めています。今後、アマゾンとJFWOとのコラボレーションは、『東京ファッション・ウイーク』の素晴らしい未来を約束してくれるものと確信しています」と語る。

   アマゾンはECとしてファッションとの親和性が高い。アマゾンのもつECプラットフォームを活用することで、日本のデザイナーの認知度を国内外で高めることができたり、消費者とファッションブランドが直接つながる機会が広がったりする。

   アマゾンにとっては、「東京ファッション・ウイーク」の冠スポンサーを務めることで、Amazon Fashionの知名度アップや利用促進が見込める。

   経済産業省の「日本ファッション産業の海外展開戦略に関する調査」(2014年7月16日公表)によると、日本のファッションEC市場は2013年の1.4兆円(全体の規模に対するEC構成比は8%)から、2020年には13年と比べて85.7%増の2.6兆円(同14%)まで拡大する見通し。まだまだ高い成長力をもっているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中