「大震災」以降「さらに活発に」の不気味 「茨城でまた地震」との関係

印刷

   2016年7月17~20日朝にかけ、関東地方で3回も最大震度4の地震が起きたのに続いて、7月27日夜には茨城県北部を震源とする地震が起き、茨城県で震度5弱を観測した。気象庁では、今回の地震は2011年の東日本大震災を引き起こした地震の余震だとみており、「今回程度の余震は引き続き発生するおそれがある」と警戒を呼び掛けている。

   3回連続して起きた地震と今回の地震とは「直接の関係はない」というが、「元々関東地方は地震活動が比較的あるところ」で、東日本大震災以来、地震活動がさらに活発化しているとも説明。引き続いての警戒が求められそうだ。

  • 7月27日深夜の地震は「3.11」の余震だった(図は気象庁ウェブサイトから)
    7月27日深夜の地震は「3.11」の余震だった(図は気象庁ウェブサイトから)

7月17~20日にM5級の地震が3回も起きた

   地震は7月27日23時47分頃発生し、茨城県日立市と常陸太田市で震度5弱を観測。東北新幹線が一時運転を見合わせたが、安全が確認されたため、日付が変わった0時過ぎには運転を再開した。けが人・火災などの被害は確認されなかった。

   発生直後には地震の強さにあたるマグニチュード(M)を5.3と発表していたが、5.4に修正。震源は茨城県北部で、当初は50キロと発表していた震源の深さも、後に57キロに修正された。

   1週間ほど前に連続した地震では、7月17日13時24分頃、茨城県南部を震源にM5.0の地震を観測。笠間市や下妻市で震度4を観測した。丸2日後の19日12時57分頃、千葉県東方沖を震源とするM5.2の地震が発生。千葉県で震度4を記録した。それからさらに半日が経った20日7時25分頃には茨城県南部が震源のM5.0の地震が発生。茨城県水戸市などで震度4を観測した。

関係するプレートが違うので「直接の関係はないと思っている」

   気象庁の青木元・地震津波監視課長が7月28日未明に記者会見を開いて明らかにしたところによると、今回の地震は東日本大震災のきっかけになった「東北地方太平洋沖地震」の余震で、

「東北地方太平洋沖地震からもう5年以上経っているが、余震活動は続いている。余震域の中では、今回程度の余震は引き続き発生するおそれがあり、引き続き注意していただきたい」

と説明。7月17日と20日に茨城県南部で起きた地震は「フィリピン海プレートと陸のプレートの境界の地震」だったのに対して、今回の地震は太平洋プレートと陸のプレートの境界で起きたとして、「直接の関係はないと思っている」とした。

   ただし、一般的な傾向として

「以前からここは比較的活発だったが、東北地方太平洋沖地震以降、さらに活発になっている様子が見えている」

とも指摘。東日本大震災発生後、余震は少なくなりつつあるものの、地震が発生する頻度自体は「震災前」より増加している。青木氏は

「元々関東地方は地震活動が比較的あるところなので、これぐらい起こっても特に不思議ではない」

とクギをさしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中