お米「からだめあて」に「佐賀県産」表示 地元県庁と農協に感想を聞くと...

印刷

   東京都内の企画制作会社が手がけた「佐賀県産米」の名前が「面白い」「いや酷すぎ」と、ツイッターなどで話題になっている。名付け親は、あの「日本一ふざけた会社」だった。

   一見すると、水田風景をバックに、農家のおじさん、おばさんがそれぞれお米のパッケージを抱えて立っている微笑ましい光景だ。しかし、よく見ると...。

  • 佐賀県を押し出しているわけではないという
    佐賀県を押し出しているわけではないという

「おもしろい!」「アウトだよこれ」と賛否

   そして、お米の名前も、なんと「からだめあて」となっている。

   これは、佐賀県産の無洗米2キロをPRしているサイトだ。インド人完全無視カレーなど「ギリギリセーフ」を狙った企画などを展開している「バーグハンバーグバーグ」が手がけた自社ブランド米といい、2016年8月1日にサイトが開設された。すでに売り切れの表示が出ており、購入はできない。

   このサイトは、よく見れば、ネタやおふざけと分かるようになっている。「抑えきれない男の欲望が生み出したお米」などと説明し、おすすめレシピとして、梅干しなどの代わりにバイアグラを入れたおにぎりの作り方を紹介している。

   「からだめあて」のお米は、付き合いのある会社や個人にお中元などとして贈っているらしく、関係者が次々にツイートしていた。「すごい暑中お見舞いが届いた」「完全に理解の範疇を超えていて社内がザワつきました」などと驚きの声が上がっていた。

   ツイッターでは、このサイトがトレンド入りするほどの話題となっている。「おもしろい!」「相変わらず斬新だ」「理性すっ飛んでて秀逸すぎる」との書き込みがある一方で、ネタとはいえ、「アウトだよこれ」「おすすめレシピが酷すぎる」「結局何のプロモーションなの......?」と疑問や批判の声もある。

   佐賀県産米にこのようなネーミングをしたことは、地元ではどのように受け止められているのだろうか。

「佐賀県を押し出しているわけではない」

   佐賀県の農産課では、8月2日のJ-CASTニュースの取材に対し、「からだめあて」のお米について、承知していなかったと答えた。そこで、サイトを見てもらうと、「ネタかどうかパッと見では分からないので、あまり好ましいことではないと思います。産地のイメージダウンにつながりかねないからです」と感想を話した。

   一方、JAさがの広報課では、サイトのことは初めて聞いたとしながらも、「県産米はいろいろな方に評価されているので、ネタにされたからどうということはないです。地元で話題になっておらず、コメントするようなことではないと思います」と取材に答えた。

   バーグハンバーグバーグのシモダテツヤ社長は、疑問や批判の声についてはこう説明する。

「お米については、佐賀県を押し出しているわけではありません。あくまでも会社のブランド米ということです。OEMでお米を作っているところがあって、お米のお中元を用意したいと話がありました。そこで、うちがパッケージを作ったわけです。サイトは、ブランド米を紹介するために作ったもので、最初から販売はしていません」

   サイトについては、ツイッターなどで評価する声も多く、佐賀県の人からは感謝の言葉が寄せられたという。ちなみに、顔出ししているおじさん、おばさんは、地元の農家ではなく、今回のために依頼したモデルだとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中