真田丸「紙オムツ事件」無事、解決でござる 再放送では場面カット

印刷

   NHK大河ドラマ「真田丸」で、赤ちゃんが現代の「紙オムツ」を着けた姿が映り、注目を集めていた「黄昏(たそがれ)」の回が、再放送された。問題となった場面はカットされていた。

   当時ネットで「ミスか?」などと話題となった一連の騒動について、J-CASTニュースは「大河『真田丸』赤ちゃんに『紙オムツ』映像 『ミス』『わざと』ネットは大騒ぎに」(2016年8月3日配信)で紹介していた。今回の再放送をうけ、ツイッターには「おむつシーンだけカットされてた!」などと報告が相次いだ。

  • 初回放送では「おむつ」がバッチリ映っていたが・・・
    初回放送では「おむつ」がバッチリ映っていたが・・・

「おむつ見えなかった!!!!修正された!!」

   8月6日13時すぎに再放送が始まった「黄昏」の回は、7月31日夜に最初に放送された。7月末放送の際の問題の場面は、真田信繁(幸村)の父昌幸らが、孫2人をあやす時に起きた。赤ちゃんの着物がめくれ、紙オムツだとはっきり分かる形で映し出されてしまった。

   今回の再放送では、昌幸が赤ちゃんをあやすシーン自体は残されていたが、その後に赤ちゃんを受け渡す場面がカットされ、信繁(幸村)が登場する別のシーンへ移った。

   「紙オムツ」事件を念頭に再放送に注目していた人も多かったのか、再放送の該当場面が終わると、ツイッターには

「やっぱ真田丸、おむつシーンだけカットされてた!(笑)」
「おむつ見えなかった!!!!修正された!!」
「再放送はバッサリ切ってたな おむつ」

などと報告が相次いだ。

   初回放送後には、「紙オムツ」映り込みは、「ミス」なのか、脚本などを担当する三谷幸喜さん一流の演出なのか、とネットで話題になった。

   8月3日配信のJ-CASTニュースの記事では、NHK広報局の「視聴者の皆さまのご指摘で気付きました。ご指摘ありがとうございます」との回答を紹介していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中