パラ閉会式で「東京は夜の七時」に再注目 元「ピチカート・ファイヴ」野宮真貴も「嬉しい気持ち」

印刷

   2016年9月18日(日本時間19日)に行われたリオデジャネイロ・パラリンピック(第15回夏季パラリンピック)の閉会式をきっかけに、音楽グループ「ピチカート・ファイヴ」の代表曲「東京は夜の七時 the night is still young」が再び注目を集めている。

   閉会式中で行われたパラリンピック旗を次期開催地の東京に引き継ぐ式典「フラッグ・ハンドオーバー・ セレモニー」でのパフォーマンスで、シンガーソングライターの椎名林檎さんが新たに編曲した「東京は夜の七時~リオは朝の七時」がバックミュージックとして使われたからだ。

  • 幻想的なパフォーマンスで東京をPR (写真:アフロスポーツ)
    幻想的なパフォーマンスで東京をPR (写真:アフロスポーツ)

椎名林檎が編曲、オシャレな曲調に

   式典では、小池百合子東京都知事が鶴の刺繍が施された黄色いマント風の衣装に身を包んで登場し、パラリンピック開催旗を受け取った。その後、日の丸掲揚と国歌斉唱ののち東京をPRする演出が始まり、義足モデルのGIMICOさんや左足を失ったダンサー、大前光市さん、視覚障害者への理解を深める活動に携わる檜山晃さんらが次々とパフォーマンスを披露。「東京は夜の七時~リオは朝の七時」は最後のパフォーマンスで使用された。音楽に合わせて大前さんや車いすダンサーらが軽快なダンスを繰り広げ、最後は出演者全員がステージ中央に集まり、

「東京は夜の七時」

という最後のフレーズとともにポーズを決めフィナーレとなった。

   「東京は夜の七時 the night is still young」は1993年にリリースされたピチカート・ファイヴ5枚目のシングルだ。今回の閉会式では、椎名さんがアレンジを担当し、椎名さんが所属していたバンド「東京事変」の元メンバーでありギタリストの長岡亮介さんがボーカルを務めた。

   原曲のアップテンポな曲調からシックなメロディに編曲された「東京は夜の七時~リオは朝の七時」はツイッター上でも話題を集め、

「東京は夜の七時が椎名林檎テイストだー!」
「浮雲(編注:長岡さんの芸名)の声で東京は夜の7時はオシャレ」
「カッチョいいアレンジ」

と歓迎する声が相次いだ。

   ピチカート・ファイヴの3代目ボーカルを務めた野宮真貴さんもツイッターで

「リオパラリンピック閉会式で『東京は夜の七時』が流れてビックリ!嬉しかったなぁ〜」
「何だかパラリンピックに参加出来たようで嬉しい気持ちです!」

と喜んだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中