「うどんまき散らし」逮捕の瞬間 「張り込み」に至るまでの一部始終

印刷

   うどんやかまぼこなどを名古屋市の矢田公園にまき散らしたとして、うどん店「めん工房むらかみ」(同市名東区)店主の男(51)が、公園管理者への威力業務妨害の疑いで2016年10月31日に愛知県警東署に緊急逮捕された。

   同署の広報担当者によれば、男は3年ほど前から定期的に客の食べ残しを公園へ捨てていた。残飯は公園に隣接する小学校の職員が清掃していたが、逮捕された男は「鳥が全て食べていたと思い込んでいた様子」だったという。

  • 公園にまき散らされたうどん(10月17日撮影、東土木事務所提供)
    公園にまき散らされたうどん(10月17日撮影、東土木事務所提供)

「うどん等の麺類を公園内にまかないでください」

   うどんがまき散らされていたという現場は、一体どんな状況だったのか。公園に隣接する矢田小学校の広報担当者は11月1日のJ-CASTニュースの取材に、

「(残飯は)広く散乱していたわけではなく、1か所にまとめて捨ててありました。いつも、だいたい45リットルのゴミ袋に半分くらいの量がありました」

と説明する。その上で、放置されていたのは「うどんばかりで、かまぼこや野菜といった具はほとんど見かけませんでした」とも振り返った。

   矢田小学校はこの公園をサブグラウンドとして使用していたため、残飯は学校の職員が見つけるたびに清掃していた。学校側は長らく問題視してこなかったが、10月に入ってから捨てられる頻度が急増したため、公園を管理する市の東土木事務所に連絡したという。

   東土木事務所の副所長は取材に対し、「学校側の連絡を受け、(愛知県警)東署に被害報告と、パトロールの強化をお願いしました」と話す。その上で、公園の敷地内には18日に、

「うどん等の麺類を公園内にまかないでください」

と警告する看板を立てた。だが、看板設置後の23日にも、再び公園内に残飯が捨てられているのが見つかったという。

「ここのカレーうどんは絶品」

   その後、男は10月31日の早朝に逮捕された。愛知県警東署の広報担当者は取材に対し、逮捕に至った経緯について、

「男が残飯を捨てに来るのではないかと、署員が張り込みをしていたところ、うどんが入ったビニール袋を手に持った男を発見しました。職務質問をしたところ、残飯を捨てた事実を認めたため、その場で緊急逮捕しました」

と説明した。

   男は調べに対し、「うどんをまき散らしたのは確かだが、業務を妨害するつもりはなかった。残飯を鳥が食べればいいと思った」などと供述しているという。こうした男の態度について、東署の担当者は、

「男は学校の職員が清掃していたことを知らず、本当に鳥が全て食べていたと思い込んでいたようだった」

とも話していた。

   なお、逮捕された男が経営していた「めん工房むらかみ」は、口コミグルメサイト「食べログ」で3.37の評価(5点満点)を得るなど、味の評判は上々だったようだ。中でもカレーうどんが名物だったようで、訪れた客からはツイッターなどに、

「ここのカレーうどんは絶品」
「うどんはモッチリむっちりですね こりゃぁ~美味いっす」

といった絶賛の声が寄せられていた。そのため、今回の逮捕を受け、ネット上には「こんなことをしてお店が終わったりするとおしいなぁ」「知ってるわこの店...それだけにショック」と惜しむ声も出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中