「共同作業で凄いモノを作れる」 木村拓哉「解散前」に言いたかったコト

印刷

   2016年の大みそかで解散する「SMAP」の木村拓哉さん(44)が、12月9日放送のラジオ番組『木村拓哉のWHAT's UP SMAP!』で熱く語った「仕事論」が、ファンの間で注目を集めている。

   「ほんと尊敬する」「めっちゃ感動した」といった声が相次いだのは、「テレビの仕事の魅力を教えてください」というリスナーからの質問に木村さんが答えた場面だった。

  • 木村さんの「共同作業」発言にファン注目
    木村さんの「共同作業」発言にファン注目

「辛いことは一杯あり過ぎて...」

   就活中だという女子大生リスナーから届いたメールの内容は、「テレビの仕事に就きたいが、大変なことがとても多いと聞きました。辛い以上にやりがいは計り知れないと思うのですが、テレビの仕事の魅力を教えて頂ければと思います」というものだった。

   この悩みに対し、木村さんは、

「計り知れないほどのやりがいは、僕も感じているし、だからずっと続けられていると思う。だけど、大変なことはいくら言っても足らない。逆に『聞きたくない!』と思うくらい、辛いことは一杯あり過ぎて...」

と答えた。その上で、テレビの仕事が持つ「魅力」について、

「やっぱり、共同作業で凄いモノを作れる。結果は......、色々あるかもしれないけれど、みんなで物凄いモノを作れるっていうのが、魅力ですよね。それだけでなく、視聴者にも色々なことを伝えることができますから」

と熱く語った。

   こうした木村さんの発言で、SMAPの解散が直前に迫る中、「共同作業」というフレーズに注目したファンがいた。ツイッターには、

「SMAP5人での力を知ってる木村くん。このお言葉、沁みます」
「共同作業ですげぇものが作れるのがテレビの魅力、SMAPの魅力でもあるよね」

といった投稿が見られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中