ジャニーズ「紅白出演組」はSMAP一色 イノッチにKinKi Kidsもしみじみ

印刷

   「V6」の井ノ原快彦さん(40)が2016年12月29日の「NHK紅白歌合戦」リハーサルで、年内の解散を発表している「SMAP」への思いを語った。

   15年の紅白で、初めて白組司会を務めた井ノ原さん。「SMAPが居なかったらできなかった」と1年前を振り返り、数多く司会経験のある中居正広さんから励まされたとも明かした。

  • 12月29日は「音合わせ」が行われた
    12月29日は「音合わせ」が行われた

「精神を受け継いでいかなきゃいけない」

   井ノ原さんにとってSMAPは、「結成当時から背中を追い続けている」存在。「本当にありがとう、と。僕らはSMAPがいなかったら、ここまで来てないたんじゃないですかね」と語る。

   SMAPのラスト出演となった12月26日の「SMAP×SMAP」では、番組の最後に東日本大震災の義援金募集告知が流された。

「自分たちのことだけでも大変なのに、最後までみんなのことを心配している。その精神を受け継いでいかなきゃいけない」

   これからもメンバー個々との付き合いは続けるつもりといい、「見守っていてほしいです」と締めた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中