シュワルツェネッガー氏、トランプ後釜番組に嫌気 「視聴者もスポンサーも離れている」

印刷

   米俳優で前カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーさん(69)が、トランプ米大統領(70)から司会業を引き継いだ人気テレビ番組「アプレンティス(見習い)」を降板する意向を明らかにした。米芸能メディア「エンパイア」のウェブ版記事が2017年3月3日(現地時間)、報じた。

   トランプ大統領とシュワルツェネッガーさんは2月には、ツイッターを介し、激しい批判の応酬を繰り広げていた。

  • シュワルツェネッガーさんのツイッターアカウント
    シュワルツェネッガーさんのツイッターアカウント
  • トランプ大統領 ©FOMOUS
    トランプ大統領 ©FOMOUS

トランプ大統領は番組に関わり続けていた

   「エンパイア」の記事によると、シュワルツェネッガーさんが降板する理由は、トランプ大統領が現在も番組のエグゼプティブプロデューサーとして関与し続けているからだった。「視聴者もスポンサーも離れている」との見解を示し、「今は分断を生じさせる時代で、この番組もそうした分断に巻き込まれた」と述べた。

   シュワルツェネッガーさんは共和党支持者で、政治家の経験もあるが、トランプ大統領の政治手法に対しては批判的な発言を続けていた。

   トランプ大統領は1月7日、司会が自分と交代してから同番組の視聴率は低調で、「評判が落ちて、ひどいことになった」と揶揄していた。シュワルツェネッガーさんは「選挙キャンペーンは終わった。米国を一つに。頑張ろう」などとかわしたが、大統領が2月2日に視聴率の話を持ち出したため、たまらず

「ドナルド、いいアイデアがある。仕事を替わらないか。あなたは視聴率稼ぎのプロだから、あなたが(わたしの)テレビの仕事を引き継いだほうがいい。そうすれば、皆がようやく、ぐっすり眠れるようになる」

と皮肉たっぷりに応じていた。

   トランプ氏も

「シュワルツェネッガーはカリフォルニア州知事として最低の仕事ぶりだったが、『アプレンティス』での仕事はもっとひどかった。彼は少なくとも、一生懸命やったようだが!」

と非難し返し、泥仕合の様相を呈していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中