都会のど真ん中でも電波がつながらないiPhoneは「機内モード」で解決

印刷
「iPhoneって、ときどき通信の反応が悪いことがあるよね。てか、結構あるよね。あれって、auとソフトバンクとの通信網の違いによるの?」

   数年ぶりに会った友人が、会うなり薮から棒に訊ねてきました。

   筆者はauしか使ったことがないので、ソフトバンクのiPhoneについては、実際のところはよく知りません。ですが、たしかに3Gで使っていると、いつまで経っても通信を示すアイコンがグルグル回っていて、ぜんぜんつながらないことがあります。

   そうなる時はだいたい決まっていて、いったん接続を切ってスリープ状態にし、しばらくしてから場所を移動して再び接続をしようとした時です。

フレッシュな状態で電波を検索しなおしてくれる

   東京23区のど真ん中に居ても起こりますから、通信網の問題ではない…と言うまでもなく、実は以前に取材で原因と対策を聞いたことがあります。

   いったん接続を切って、少し時間を置いて再接続をしようとすると、iPhoneは直前につながっていた基地局を探すのだそうです。そこで場所を移動していると、直前の基地局が見つからず、それで反応しなくなるというわけです。

「じゃあ、オレみたいに頻繁に移動する営業マンだと、使うのが面倒くさいな」

   そんな人への裏ワザもちゃんとあります。

   設定を開いて、「機内モード」を操作すれば、一発で解決です。普通はオフになっているはずなので、それをオンにします。飛行機のアイコンが出ればオンになった証拠なので、すぐさまオフに。これだけです。

「それだけでいいの? なんで?」

   機内モードをオンにすると、それまでの基地局の履歴がクリアになるので、再接続の際にはフレッシュな状態で一番近い基地局を探し始めるのだとか。ひと手間かかってしまいますが、筆者もこの手を使ってつながらないイライラを解消しています。

   一部のウェブメールにアクセスする時には、safariの閲覧とcookieの履歴をクリアにしておかないとログインできないとか、使っていて意外と手のかかるiPhone。

   できの悪い子ほど可愛いとも言いますし、ひと手間かかることに慣れてしまえば、そんなにイライラすることもなくなります。もちろん、早く良い子になってくれるに越したことはありませんけど。(井上トシユキ)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中