就活生調査で「男子は女子より保守的」 「共働き志向」に顕著な違い

印刷

   就職活動中の大学3年生らを対象に、結婚後の望ましい働き方について聞いたところ、「夫婦共働き」と答えた学生は、女子の75.6%に対して、男子は54.7%にとどまることが、就職情報会社マイナビと法政大キャリアデザイン学部の共同調査でわかった。日本経済新聞などが2014年3月2日に報じた。調査に携わった同学部の梅崎修准教授は「男子は女子と比べて保守的といえる」とみている。

   結婚後の望ましい働き方について、「夫婦共働き」と答えた学生は、女子が75.6%。男子は54.7%。男子は「主に自分の収入のみで生活」との答えが44.3%と続き、女子は「主に相手の収入のみで生活」とする専業主婦志向が22.9%と2番目に多かった。

   「主に自分の収入のみで生活」を選んだ男子に理由を聞くと「結婚相手には家を守って自分や家族を支えてほしい」が34.4%と最も多く、「結婚相手には家事や子育てに専念してほしい」も30.7%あった。

   共働き志向の女子は、理由として「仕事を続けることが生きがい」(23.0%)や「一方の収入だけでは生活できない」(18.7%)との回答が多かった。

   調査は13年12月~14年1月、インターネットで実施し、来春卒業予定の大学生と大学院生の計5663人が回答した。

全社で取り組む「お客様が喜ぶCS」全社で取り組む「お客様が喜ぶCS」
ラーニング・マスターズ株式会社


by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中