明治安田生命、女性管理職「20%」へ 新育成制度を導入

印刷

   明治安田生命保険は2017年4月までに、管理職に占める女性の割合を現在の2倍以上の20%に増やす。2014年8月5日、明らかにした。これにあわせて、新たに管理職を計画的に育てる人事制度を導入する。同社はすでにキャリア開発支援など、管理職候補者の計画的な育成に取り組んでいるが、新制度を導入して、そのピッチを上げていく。

   候補者は約850人で、現在募集中。支社長などの推薦を受けて、本社人事部が選ぶ。

   短期間で育成するため、中堅職員から約500人、入社3年以上の若手職員から350人を選び、職種に応じた研修を実施していく計画。

   同社の課長級以上の女性管理職は4月1日現在164人で、全体に占める割合は8.6%にとどまっている。働きやすい職場づくりを進め、優秀な女性を集める狙いがある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中